水止舞(みずとめのまい)の報告

7月14日、東京大森の厳正寺へ「水止舞」見物に行った。
きっかけはみうらじゅん氏。
この日は台風接近で大雨、例年は晴れが多いそうだ。
実は「水止」は元来「洪水よけ」なので雨のほうがふさわしい。

c0018561_22383457.jpg
これが2つあって其々に人が一人ずつ入る。オスとメス

c0018561_22391074.jpg
自分から入っていった。なぜか悲しそうな表情。

c0018561_22395478.jpg
地べたに倒され転がされる。

c0018561_22402320.jpg
水をぶちまけられながらほら貝を吹く。

c0018561_22412327.jpg
持ち上げられ移動、また地べたに転がされて水をぶちまけられる。ほら貝を吹き続ける。

c0018561_22423378.jpg
ほら貝を吹き続ける。

c0018561_2243351.jpg
見物人にも容赦なくバケツの水がぶちまけられる。

c0018561_2244120.jpg
ほら貝を吹き続ける。音が弱々しくなっている。

c0018561_2245648.jpg
吹き続ける。

c0018561_22453369.jpg
舞台に担ぎ上げられる。じたばたしている。ほら貝を吹き続ける。

c0018561_2246978.jpg
舞台上でようやく解放。その後は「獅子舞」、赤い布が不思議。
[PR]
by bbbrothers | 2007-07-21 22:48 | hoppyの観光案内
<< みたままつり on 靖国神社 ルー語  「ぱらかへ増殖中」 >>