続 BELLSのライブ

c0018561_2113838.jpg
修行させていただいているBellsというバンドの東京蒲田にある老人ホームライブに参加した。この日の演奏はビートルズ・ナンバーを中心に3ステージ24曲。ここは正確に言うと特別養護老人ホームで常時介護が必要なお年寄りのための施設。

会場は100人以上がゆったり座れる広いラウンジ。ガラス張りの前庭から差し込む春の日差しが柔らかだった。アンプやドラムセットなどがもともと施設にあって、さらにBellsの松本さんが我々用のモニターを追加してくれたので演奏環境はなかなかよかった。

この日は入居者と家族たちの「茶話会&団欒」という催しで年に数回開催されているらしい。集まった家族の人の中には久しぶりに面会に来た人も多いようだった。中には辛い思いを秘めている人もいるのだろうが、この日の午後はちょっぴり華やいだ空間となった。多くの入居者は自分で車椅子を動かせないから外出もほとんど出来ないのだろう。そうなら、こういうイベントは楽しみなんだろうなと思った。

最前列に車椅子のお客さんがずらりと並んだのは、こういう場に慣れていない私にとって壮観だった。お年寄りたちはいろいろで、まったく表情のない人もいれば演奏に手を打つ人もいる。中には声をかけて応援してくれる人もいて我々の方が元気付けてもらった。

普段、暗がりのタバコと酒の中でばかり演奏している私にとって、この午後は眩しい思い出となった。

Bellsの3人はさすがにベテラン、息ぴったりのハートフルなコーラスで私も弾きながら聞き惚れる。しっかりと芯があるのだ。市川さんがMCで楽曲紹介をしていたがこれも丁寧でとてもよかった。この日はサポートにdr村川さんが参加し、カッチリとシゴトをこなして見事だった。

一方、私の演奏であるが、まともに弾けたのは3~4曲・・・・・うー、まだまだ修行不足。Bellsのみなさまにまったく申し訳なかったと思う。

写真がBellsのみなさんです。
おや?なぜか私が後光に包まれている、左手もなんとなく「ありがたい」形だ。
これは吉か不吉か?(笑う)
[PR]
by bbbrothers | 2007-03-19 21:13 | 修行中です
<< BBBだより三部作 その一 弱... BELLs 渋! >>