<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ネコで儲ける

c0018561_21165770.jpg
今月はモロッコに行ってきた。モロッコの街にはどこでも野良猫がたくさんいて、なかなかカッコいい猫も多いので捕まえて売り飛ばして儲けようと思う。

c0018561_21171311.jpg
販売価格は29,800円、広尾と芦屋あたりにショールームもほしいが、とりあえずは通信販売を中心としたい。

c0018561_21172618.jpg
当面の目標は年商1500万円、年間500匹売りたいと思う。

c0018561_21174576.jpg
モロッコで500匹捕まえるのもいいが、病気やしつけのこと考えるとゆくゆくは国内で繁殖もしたい。

c0018561_2118277.jpg
経費を考えてみた。

c0018561_21181516.jpg
現地捕獲経費(捕獲員賃金、輸送費、渡航費)100万円
飼育経費(餌代、薬、飼育施設維持経費)500万円
アルバイト賃金300万円
広報販売費、諸調整費200万円

c0018561_21183351.jpg
以上で合計1100万円

c0018561_21191076.jpg
うーむ、あまり儲からない、売れ残ったら困るしなあ・・・・

c0018561_21192969.jpg

というわけでネコのことはひとまず保留。
c0018561_21194521.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2009-08-30 21:23 | その他の話題

大地の芸術祭2009

先日「大地の芸術祭 越後妻有トリエンナーレ2009」を駆け足で見物してきた。今回は廃校・廃屋を利用した展示が増えた。印象深かった作品をいくつか紹介する。
開催は9月13日まで、みなさんも足を運んでみてはどうだろう(車でまわらないと大変です)。


作品番号 90 瀧澤潔 「津南のためのインスタレーション―つながり―」
使われていない織物工場でのインスタレーション。働いていた人の落書きを見つけた。窓の外には水田の稲穂(コシヒカリ)が輝いていた。
c0018561_1634429.jpg
c0018561_1651898.jpg

c0018561_1653613.jpg


作品番号 28 ジャネット・カーディフ& ジョージ・ビュレス・ミラー 「ストーム・ルーム」
何の変哲も無い住宅2階の小部屋が落雷と豪雨に襲われる。子供のとき感じた不安を思い出す。すごい臨場感、いったい仕組みはどうなってんだろう? とにかく驚かされた。
c0018561_166180.jpg



作品番号 33 田島征三 鉢&田島征三・絵本と木の実の美術館
閉校された小学校をつかった瑞々しさあふれる展示。別の廃校を使ったクリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」2006と比較すると、暗から明、静から動、死から生へという蘇生のイメージ。
c0018561_166374.jpg
c0018561_1664696.jpg

作品番号 146 キジマ真紀 「ファンシー・ガーデン」
不思議な作品である。村のオバちゃんたちが暇つぶしに遊んでつくってみたイミテーションフラワー。とうとう難解なゲンダイビジツに地元が箸をつけた、という感じで芸術と日常の境界が溶け出したマージナルな作品。
c0018561_167714.jpg
作品番号 24 石塚沙矢香 「うかのめ」
米粒を丹念にひと粒ずつ糸に貼り付けて吊るしている。クモの巣に付いた雨粒のように白く透き通って輝いている。隣の稲作農家の人もずいぶん制作を手伝ったという。作品が出来上がってどんな気持ちだろう、ムラに人がたくさん訪ねてきてきっと嬉しいだろう。
c0018561_1672643.jpg
c0018561_1682182.jpg


作品番号 130 富山妙子 「アジアを抱いて―富山妙子の全仕事展1950~2009」
美術には他にはない独特の力があることを再確認。富山さんは1921年生まれ、彼女のターゲットには全くブレがない。女性は戦争と平和を映す鏡だ。作品を見ていると、あなたも一緒に立ち上がりなさいよ、と手を曳かれる気分になる。すごい人が居るものだ。
c0018561_1674564.jpg
c0018561_168266.jpg


******************
初回から行っているので4回目、12年前に一緒に行った末っ子はその後成人し、今や家出して行方不明  (´-`;)

野外彫刻は飽きた、特に固いもの系。畑に河原に屹立する金属の巨大オブジェは初めこそ力強く思えたが、今はよそ者が立ちションした形跡のように醜悪だ。

芸術祭には初めは外から作品が持ち込まれた。次に作家が地域から何かを吸収して作品をつくった。今後は地域が作家から何かを吸収して作品を作りだすことだろう。そんな予感がした。


その他の作品写真
c0018561_1685570.jpg
c0018561_169652.jpg
c0018561_169145.jpg
c0018561_1692365.jpg
c0018561_1693264.jpg
c0018561_1694022.jpg
c0018561_1694996.jpg
c0018561_1695768.jpg
c0018561_1610451.jpg
c0018561_16101146.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2009-08-15 16:14 | 芸術の話題

通販カタログ

c0018561_10524879.jpg
・・・・ん? 余計にストレスがたまりそうだ。

c0018561_10532756.jpg
小学生でもすぐ分かる単純な仕掛け。

c0018561_10541183.jpg
ほうら、この人は大変なことになっている。ストレスが足にきたのだ。レレレのレ~

c0018561_10543548.jpg
こちらなら失敗がなさそうだ。オネイサンの湿った唇に恍惚感が満ちている。他人にやってもらうのは避けたほうがいいだろう。

おまけはこちら
c0018561_1055622.jpg

「使用」ではなく「着用中」、一時しのぎなのだが装着すると気持ちいい可能性がある。

じゃあまたね!
c0018561_10562113.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2009-08-15 10:57 | 毎度ばかばかしいお話

プチメゾン・神楽坂ライブ

c0018561_20441353.jpg
先日のPetiteMaisonプチメゾン神楽坂ライブでのビックリ報告。

1、知らないお店から出演オファーをいただいた。世界中のミュージシャンが何十万曲もアップしているMySpaceから見つけてくれたそうで 3ビックリ ありがたいことだ。

c0018561_20471458.jpg


2、お客さまがたった2人!だったのでPetiteMaison独占プレミア・シークレット・ライブになった。お二人ともAOF(アッコオヤジファンクラブ)会員の方で今回は特にありがたかった。われわれ以外に出演した3組は観客ゼロ。こりゃ 5ビックリである。

c0018561_20483782.jpg

3、共演の1番手は若手男性ソロの阿部貴功さん。福山雅治的美声+押尾コータロー的ギターテク+いけめんという「ー富士・二鷹・三茄子」 かこいーい。
2番手も若手男性ソロの生死鴉(カラス)さん。黒魔術マントで登場、演奏を超越した表現で度肝を抜いてくれた。アングラ度120%にPetiteMaisonAKKO氏は大満足。
われわれが3番手でトリはama-richさん。エレキバイオリンがリードをとる珍しい4人組ポップスインストバンド。バイオリンって派手だな。
というわけで共演者のレベルの高さに3ビックリ

4、メインスピーカーがバカでかいのはさすが爆音系。ビリビリやられたら内臓マッサージになって気持ちがよさそうだ。狭い店なのにドラムセットにもマイクが10本くらいついているおはメタルの聖地。この爆音予感に2ビックリ 
c0018561_2047408.jpg


5、店や共演者たちから「年寄り扱い」された。年を取っても皆さんみたいに続けていきたいだってさ・・・・いままでベンチャーズとかオールデイズとかのコピーバンドと一緒が多かったのですっかり勘違いしてました。浦島太郎が玉手箱を開けちゃって10ビックリ
c0018561_20524579.jpg

c0018561_2125056.jpg


6、神楽坂EXPLOSIONは駅から非常に近い。メトロの出口階段を上り右に行って右を降りると店だから店の横に電車が通っていることになる。この近さが1ビックリ

c0018561_20481619.jpg


PetiteMaison  2009秋のライブラインナップ よろしくお願いします!!
9月13日(土)19時 千葉馬橋ビーグル 
10月24日(土)19時 横浜六角橋あっとぺっぷ
11月21日(土)20時 学芸大学アジアンカフェ
12月20日(土)19時 新宿ゴールデンエッグ
[PR]
by bbbrothers | 2009-08-14 21:03 | プチ・メゾン

プラセボ効果


c0018561_23195851.jpg
コンビにでもおなじみの栄養ドリンク剤はバリエーションに富んでいる。値段は何の遠慮もなく2倍、3倍、5倍と屈託なく並んでいて、中には1本数千円ものローヤルマムシが鎮座してたりする。

「ファイトーォ!! いっぱーつ!!」の緊急事態には手の汗を握らされるが、一方、ちょっぴりゲイみたいなシットリ感が余韻。

「リゲイン」のスーツ男たちはゴルゴのような緊迫感で過労死まっしぐらだから心配しちゃう。

「ユンケル」はオヤヂがクラブホステスを口説くにあたっての下準備感に満ちていて、思わず健闘を祈りたくなる。

「赤マムシ」「マカ」なんてあまりにエッチなので売り場は18禁にしてノレンを下げるべきだ。

そうそう、歴史ある「オロナミンC」「ナボナ」と一緒に摂取することでさらに「元気はつらつ」だが、上戸さんは人に勧めてばかりで自分はグビリと飲んだりしない。

最近、女性向けと思われるCMを目にする。オネイサンたちだってとっても疲れちゃっているんだ

さて前置きはこのくらいにしてドリンク剤の効き具合を調べてみた。結論は、薬効は僅かでありほとんどが「気のせい」だった。しか~し、この「気のせい」が実際に効いたりするのだ!!

「病は気から」というがその通りで、医療分野ではプラセボ効果と呼びプラセボ手術もあるそうだ。つまり一応開腹とかしてすぐまた閉じると治っちゃうってやつ。
医師がこの「偽薬」を処方することも古くから行われていて、民間療法の根拠ともいえよう。デンマークでは医師の8割以上がプラセボ処方経験があるという調査もある。

プラセボ効果が強いと、ノセボ効果といって副作用まで発生するそうだから人間の脳の想像力というのは実に強力だ。

「偽薬」であるいことがバレちゃうと効かないからドリンク剤を飲むときも「信じる」ことが大切だろう。
「固い信念」なくして最上段に鎮座する4078円ユンケルスターの購入行為はありえない。過剰な包装もすべて薬効のための演出装置といえよう。

c0018561_23133179.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2009-08-11 23:21 | ちょいとびっくり

豆モヤシじゃありませんよ

c0018561_20421852.jpg
これはどうですか?
ワケノシンノスとどっちが美味そうですかね・・・

これも有明名物で「めかじゃ」といいます。
ミドリシャミセンガイという貝です。
[PR]
by bbbrothers | 2009-08-10 20:42 | 食べ物

現役

c0018561_114561.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2009-08-09 11:05 | 写真

明日は神楽坂EXPLOSION!!

c0018561_21532693.jpg


PetiteMaisonプチメゾンのライブは明日6日(木) 
「神楽坂EXPLOSION!!」
ぜひお越しください。疲れがとれます(^^)/

open/18:30  petite Maisonは20:20~

神楽坂EXPLOSION
http://www.kagurazaka-explosion.com/index.html 神楽坂駅前
charge:電話予約2.000円/当日2.500円

共演:Amarich  http://www.myspace.com/1001419176 ほか


明日の予定曲は

「さよならを教えて」
1969年、フランソワーズ・アルディがヒットさせたフレンチポップス。明日はクールなアレンジで・・

「ブルージーンと皮ジャンパー」
国内では1964年にシングル盤発売。サルヴァトール・アダモ作曲・歌。明日は少しジャージーに・・・

「LazyBones」

1933年ルディ・ヴァレーの歌でヒット。ミュージカル「上海バンスキング」では吉田日出子が歌った。明日は少しホンキートンキーで・・・

「青いカナリア」
1953年、ダイナ・ショアのヒット曲。 日本では雪村いづみが歌い有名になった。明日は昭和風に・・

「丸の内サディスティック」
椎名林檎デビューアルバム「無罪モラトリアム」1999年に収録。エレクトリック・ピアノの太い音で・・

「風をあつめて」
細野晴臣、松本隆、大瀧詠一、鈴木茂が結成した「はっぴいえんど」による1971年の作品。明日はちょっぴりお洒落に・・・

「Tu-Ka-Ten」
2009年PetiteMaisonのAKKO作詞作曲、スティールパン演奏をイメージしたカリプソ。明日はラテン色を強めたアレンジで。


どうぞお越しください。

こちらで過去のライブの一部が聴けます(PCのみ)。
http://www.myspace.com/petitemaison2
[PR]
by bbbrothers | 2009-08-05 21:59 | プチ・メゾン