<   2007年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

BBB LIVE at オダサガ T☆Rocks

あな 楽し!!
2007年11月23日 オダサガ T☆Rocksライブには、ほんとうにたくさんの方に来ていただきありがとうございました。せっかく来ていただいてもゆっくり話もできなく残念、来年はのんびりした単独ライブをしたいものです。
プロデューサーのアヤノ&アラぽん、エンジニアのHIROさん、KENSOの若い人たちにも感謝です。

次回のBBB&BBGは、12月8日18時頃から 越谷アビーロードに出演予定です。お近くの方は遊びにお越しください。
そのまえに私は2日(日曜日)も町田act「大人限定ライブフェスタ」に出演します。バンド名は「パラダイスカフェ」、中島みゆきが好きな方はぜひお越しください。

c0018561_21114760.jpg
c0018561_2111598.jpg
c0018561_21122382.jpg
c0018561_21123422.jpg
c0018561_21124399.jpg
c0018561_21125273.jpg
c0018561_21131034.jpg


AII PHOTO BY CHIBA(thanks!!)


***BBBのWEBはこちらです***

http://www.scn-net.ne.jp/~hotta/bbb/
[PR]
by bbbrothers | 2007-11-30 21:18 | B.B.Brothersのライブ

修行も楽し

c0018561_22444547.jpg
次の日曜日、修行先の「パラダイスカフェ」のライブがあります。
このバンドではピアノの修行をさせていただきました。おかげさまでピアノも好きになりました。

さてこのバンドは「中島みゆき」トリビュート特化バンドでありまして、演奏予定曲は以下の5曲です。1曲がそもそも長いです。

ついでに自分のパートのネタばらしを書いてみます。

パラダイスカフェ・・・リズム隊ピアノとして頑張ります。初コーラスします(??!)
誕生・・・バラードを弾きます。間違えるとずっこけです。
浅い眠り・・・リズム隊ピアノとして頑張ります。これまた初コーラス(??!)
放浪の唄・・・これは結構、あの、その、でも(笑)
泣きたい夜に・・・ツインキーボードで泣けます、一番好きな曲です。

というわけで自分でも日曜は楽しみです。

町田ACT大人限定ライブフェスタ  14時半open 私たちの出演は17時

当日券ありますが、予約していただけるとバンドノルマがはけるのでありがたいです。
1DRINKつきで1000円。

http://members3.jcom.home.ne.jp/murasaki-7-.-megumi-15/pchp/live20071202.html
[PR]
by bbbrothers | 2007-11-29 22:45 | 修行中です

ありがとうございます

明日、BBB&BBGがライブに出演します。
おかげさまでSOLD OUT、当日券もありません。
嬉しい限りです、お越しいただけなかった方には本当に申し訳ありません。
次回はなんとしてもチケットを用意させていただきます。

来年の春頃に単独ライブが出来たらいいなと思っております。
またよろしくお願いいたします。

演奏予定曲
A Hoochie Coochie Man
Don't touch me, baby
Nobody knows you when you 're down and out
The same old blues
ブルージーンと革ジャン
Respect
Ain't nobody's business


*BBBWEBは http://www.scn-net.ne.jp/~hotta/bbb/ *
[PR]
by bbbrothers | 2007-11-22 20:51 | B.B.Brothersのライブ

焼ナマコ

c0018561_214194.jpg
某大手チェーン居酒屋に行きましたらメニューに、おや? 「焼」ナマコ!
すかさず注文、400円也(多分)。

お?串刺し状態で出てくるとは・・こりゃ意外、動揺し写真が手振れであります。

ふとみると皿に「サキバシリ・エキ」のような粘液がっ・・(おっと例えがイカん)

さて頂いてみますと外見の印象と異なり実にぷにゅぷにゅと柔らかく、これはかなりエッチだ。
ナマコといえば、酢でコリコリ+ゴムっぽいのと中華で炒めたコリコリ+ゴムっぽいのが定番、このぷにゅぷにゅは照れくさく、罪悪感も感じる。

ひと噛み目・・・うん?蒲焼のタレみたいな風味・・・旨い・・あ、これはタレの味ね。

ふた噛み目・・・ぉぉナマコの味が香りがじんわりと

み噛み目、よ噛む目、ご噛め・・赤巻紙、青巻紙、黄巻紙・・
と噛むうちにナマコナマコナマコ~♪ ナマコ風味の本領発揮!といいたいところが、例のガツンとする香り=臭みが随分と和らいでいるゾ、などと考えているうちにもう溶けて無くなりましたっ。

こんな按配で楽しませてもらったのだが「3粒」といっていいほどの見事な萎縮率、400円は高級だったかも。

この焼きナマコ、この日は新ユニットPetiteMaisonの人たちと一緒だったが、K氏は極度に怯えての涙目でチキンを露呈、海のオトコであるK氏の尋常でない怯え方からすると足をナマコに噛まれたりするのだろうか?ナマコのような海女に今夜も折檻されるのだろうか?
K氏がジタバタっている一方で、Aちゃんはパクリ。で、旨いもまずいも全くノーリアクションで無表情(笑)。
[PR]
by bbbrothers | 2007-11-19 22:04 | 毎度ばかばかしいお話

維新派 nostalgia

c0018561_21423913.jpg
先日、さいたま芸術劇場の劇団「維新派」の「nostalgia」千秋楽を観た。

「維新派」は大阪を本拠地とする前衛的演劇集団で、巨大な仮設野外劇場を立ち上げての公演が特徴、私の息子がここでお世話になっていた時期があり馴染みがある。現在の前衛的な演劇においては国内では大手のチームだ。

c0018561_2143327.jpg
言葉を分解しリズムにのせ舞踏と主に抽象化する音楽劇「ジャンジャン・オペラ」という独特の形式をもっていて、こちらは理解しようとすると甚だ難解なので観客は無理しないほうがよい。私もまったくわからない。

c0018561_21431414.jpg
今回は数年前の新国立劇場につぐ関東での「劇場」公演。
「さいたま芸術劇場」はメイン舞台の後ろに同じ大きさの奥舞台を擁しているのが自慢で、今回の公演でもその奥行きを活かし、白旗が永遠に連なる迫力に満ちた演出がみられた。

c0018561_21432621.jpg
さて「nostalgia」で感じたのは、歌とダンスと歌がとても磨きこまれていたことだ。劇団オフィシャルサイトからリンクされているポッドキャストをみると精密な稽古風景を覗くことができる。
一方、舞台装置を使った演出は抑制気味、抽象化されていて派手な転換が好きな私としては少し不満でもあった。でもサトウキビ畑は美しかった。

本作品のテーマについては劇団サイトを見ていただくとして、私は「維新派」という劇団について、劇団員が作品に対して極めて真摯でストイックだと感じている。
観客にこびず、興行にもこびず、ひたすらに作品に対して全身を投げ出す敬虔で誠実な態度はこの維新派の大きな魅力だ。来年も楽しみです。
[PR]
by bbbrothers | 2007-11-16 21:44 | 演劇・ダンス

絶好調 BBBだより

c0018561_21394072.jpg
先日の23日ライブに向けての最終リハーサルはBBB&BBGともに絶好調!リーダーH氏は「伊勢丹は確実だ」「お友達を大切に!」「男は10万円以下の革ジャンを着てはいけない」など謎のメッセージを乱発しメンバーを大いに混乱させた。

BBGのAさんはいつも情熱的なタンバリンで手のひらや腿を内出血させているが、この日はさらに熱意があふれ演奏中なんとタンバリンを破壊した。
c0018561_21401671.jpg


写真はタンバリンの正しい奏法について協議するリーダーH氏とベースP氏。
その後二人は、BBG「夫人」は23日にセクシー黒キャミを寒いから着ないだろう、いやステージ上はライトで暑いから着るだろうと、言い争っていた。
c0018561_21404267.jpg



この日は、BBGSonoボーカルの新曲「銀行でヤられる」も本格練習が始まり12月の越谷ライブでは彼女の透明な歌声とBBGの「パンチ」あふれるコーラスをご披露できそうだ。

なお越谷ライブにお越しの「女子」には、ライブ終了後に「リーダーH氏と行く混浴岩盤浴1泊2日」というオプションが用意されている。H氏ファンにとっては夢のような企画だ。申し込みは直接H氏へ。
c0018561_21424288.jpg



ライブ予定
11月23日 T☆ROCKS 小田急相模原    *チケット売り切れました
12月 8日 アビーロード  越谷
[PR]
by bbbrothers | 2007-11-14 21:46 | B.B.Brothersの人々

今年の見世物小屋

c0018561_22495012.jpg
新宿花園神社の酉の市で大寅興行「見世物小屋」を見てきました。「見世物小屋」で残っているのはこの団体だけです。

c0018561_2250178.jpg
3年ぶりくらいに見る「お峰さん」(お峯太夫)でしたがお変わりなくお達者でお茶目でありました。「火炎吹き」の秘技は健在、迫力満点です。

「蛇喰い」は「小雪さん」(小雪太夫)が継いでいます。「小雪さん」は若くてキュート、やはり魅力たっぷりです。
c0018561_22501687.jpg

滅多に見られない「見世物小屋」、23日の二の酉にも出るそうですので、BBBライブの後に花園神社はいかがですか。

この日の演目は・・

● 犬の曲芸
● シマヘビのガラス抜け
● 鼻鎖の重量挙げ
● 双頭のミイラ牛
● 蛇喰い
● 大蛇(抜殻プレゼント付)
● 火炎吹き
● 箱ぬけ入替り

以上がグルグルとエンドレスで演じられ1巡で30分位、お代は800円。客を呼び込む口上も味わい深いです。

下のリンクは数年前に小屋の中で撮らせてもらった「お峯さん」です。今年は一切禁止とのことでした。
http://bbbrothers.exblog.jp/1477819/
c0018561_2250301.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2007-11-12 22:51 | 芸能あれこれ

最近覗いたライブ つづき

c0018561_10371099.jpg


先日、渋谷桜ヶ丘を通りかかったらブルースセッションをやっていたので覗いてみた。
ウナギの寝床みたいな店で幅が2間ほどの狭いステージ。日曜の夜にもかかわらずなかなかの賑わいで、腕自慢たちがフーチークーチーとかを熱く演奏していた。ピアノは19時までに来店していないと出してくれないとのことだった(笑)。
c0018561_10372458.jpg
こういうセッションを見に行くと、BLUESは古典なんだな・・と思わされる。ややもすると「なりきりモノマネ自己陶酔ショー」みたいなのも時々あり、ウンザリさせられることも多い。その点、BBBはBLUESを作り続けているところがよいと思う。


c0018561_10373737.jpg
先週、お世話になっている横浜King’sBarで開かれた女性ジャズ・ボーカル・セッションを見に行った。店にはアマチュア?セミプロ?のマダム・シンガーが十数人、学校のPTAの宴会、昼カラオケの夜ジャズ版みたいな独特の空気濃度だ。
一人一曲ずつ前で歌う。演奏はプロのピアノ&ベース、その場で譜面を受け取って弾くが曲は様々で大変そうだ。
どの人もなかなか上手く、余裕で歌うひと、緊張が伝わってくる人、臨月の人(笑)など個性的でとても面白かった。
皆さん顔馴染みのようで、なんとなく先輩後輩がある雰囲気。仕切るオバサマがいてテキパキとステージを進めていく、もちろんこの方はショートヘア(笑)。
とっても素敵な歌声の方がいてたので写真をパチリ。
[PR]
by bbbrothers | 2007-11-11 10:38 | 音楽の話題

最近覗いたライブ

c0018561_10153178.jpg
津軽三味線のワークショップを覗いてみた。名人の模範演奏中、この小学生中学年は侮るなかれ、全国大会に出場する超凄腕だ。
しかし、「生(なま)三味線」5棹が狭い部屋で炸裂すると本当に凄まじい!
バチンバチンという高周波に反応し私の脳からはアルファー波、ベータ波、ガンマ波、重力波、電磁波、エンドロピン、フェトンチット、ダイオキシン、カプサイシンなどがドヴァーッと一斉にほとばしり出た。
なんという恍惚感、浮遊感、虚脱感、思わずイッてしまった。やはり生は凄い。

c0018561_1017614.jpg
こちらは20歳の人たちの3ピース「アンジェラ」。クールでかっこいいではないか!
この人たちが15歳の頃から知っているが元々いいセンスしてた。今回はオリジナル曲で変拍子も導入、「がんばれっ!いいぞっ!」って気分だ。ギターのカズ君、写っていなくてごめん。
しかし俺のハタチの頃はまったくブザマな毎日だった・・・・・金はないし女はいないし頭ボサボサで臭かった。おっと、これは今も同じだ。

c0018561_10155658.jpg
さて大学生さんたちのいわゆるアカペラ。MCで「ゴスペラーズさんの○○をやらせていただきます」というから、ゴスペラーズ「さん」はこういう人たちにとっては神なんだな~、今まで呼び捨てしてすいませんでした(笑)。ここのリーダー、なかなかいい味で大いに楽しませてくれた。
アカペラはベースパートの音程が狂うと全くダメだ。ここのベースはうまかったが一つ前のグループはアカンかった。ボイパは意外と何とかなりそうだ。ところでマイクを使わないボイパって出来るのだろうか?  


                                   最近覗いたライブ つづく
[PR]
by bbbrothers | 2007-11-10 10:18 | 音楽の話題

現代美術展のハシゴの続報

ZAIMの前に寄ったのは神奈川県民ホールギャラリーで開催中の「沈黙から」塩田千春展。
c0018561_22232192.jpg
c0018561_22173677.jpg

彼女はベルリン在住の若い作家で、平面、立体作品制作だけでなくパフォーマンスも行っているそうだ。本企画では彼女の作品と音楽、朗読、ダンスなどの公演のコラボレートもしている。

展示作品で目を引くのは、広いホールの中央に設置された焼けただれたグランドピアノ、寒気がする無惨さである。ベルリンで焼いたそうだ。ピアノを取り囲む数十の観客椅子も焼けただれている。フライヤーやカタログでは白いピアノだが実物は完全に黒ずんでいた。
そのピアノと椅子にはあらゆる方向の天井、壁から夥しい数の黒い毛糸がピンと張られ、作品全体が鳥の巣のような感じで囲われている。

ピアノを焼くなんて恐ろしい、とても挑戦的で緊張感があふれる光景だ。毛糸はピアノから発していた音や気配を表しているのだろうか。

夥しい糸を広い会場に張りめぐらせ作品を覆い尽くすには何日もかかったであろう。彼女は世界各地でこの展示を繰り返している。綿々と紡ぐ彼女の姿を想像すると、じっとりとした生々しさと執念を感じる。
c0018561_22184181.jpg


もうひとつの大型作品は彼女がベルリンの廃屋から集め続けた、これまた夥しい数の窓枠の立体構成だ。大小さまざまの窓枠は白に塗られ、数メートルの壁状に組み上げられていて、その間を観客が歩いていくように展示されている。なんとなく病院のイメージがあった。作者の意図とはズレるが窓枠の金具や蝶番の様々な意匠も楽しい。
c0018561_22194737.jpg


いずれも後からジワジワと効いてくる作品だ。
c0018561_2219142.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2007-11-07 22:20 | 芸術の話題