<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

真のHOOCHIE COOCHIE MANは誰だ?

c0018561_2205020.gif今回は、わがBBBメンバーの誰が「真のHOOCHIE COOCHIE MAN」であるか考えてみた。
「真のHOOCHIE COOCHIE MAN」は「酒」「セックス」「暴力」「ドラッグ」に長けていなければならない。
そこでそれぞれの観点に基づいて5段階で評価してみた。苦情があるメンバーは各自反論すべし。





●まず「酒」である。
これは間違いなくBassヘロモンK氏が日々の精進を重ね見事に5点である。
私は最近、酒癖が悪いので4点、Dr,TK氏とリーダーH氏も合宿やライブイベントのときは結構呑むので3点だ。

●次は「セックス」である。
これもBassヘロモンK氏が5点だと思われるが実際の実力は不明だ。
Dr,TK氏は無料なら4点、有料なら3点といったところか?
リーダーH氏は1点かと思わせていたが年末の積極的な発言で一気に3点である。
私はインターバルさえあればもちろん5点だ。

●「暴力」
これはよく知らないが今は全員ヘナチョコな気がするので1点だ。
昔暴れていた私もいまは1点・・・
ところで演奏での暴力性はリーダーH氏が5点と他を圧倒。
フラミンゴ奏法、逆フラミンゴ奏法、大漁苑奏法と畳みかけてくれる。
BassヘロモンK氏はペキ奏法で1点加算だ。
Dr,TK氏はチッチキチーで0,5点、土人奏法で1点、さらにライブでの「金正日カツラ」パフォーマンスで1点加算だ。

●最後は「ドラッグ」であるが、これについてはここではお話するわけにいかず残念だ。


さて「真のHOOCHIE COOCHIE MAN」は誰だ?
c0018561_2231684.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2007-01-31 22:03 | B.B.Brothersの人々

日本の農業問題

c0018561_21172541.jpg農業学校の先生をしていたMSさんが「日本の農業問題」について教えてくれた。
MSさんは私より一回りも年下の女性で、いろいろなことを知っている。
MSさんいわく・・・・

「日本の農業自給率」は30%くらいしかないが、国内生産を増やし自給率を高めようとすべきでない。
なぜなら、今の日本人は飽食でありダイエットに苦しむ人も多い。残され捨てられる食べ物も莫大である。
だから国内で生産できている分にあわせて節約していけばよいとのことだ。






とはいえ農民の高齢化と後継者不足で「農村の荒廃」が進み農業生産は低下する一方だ。耕作放棄地も増え、土砂災害の原因にもなっている。
そこで現在の「自衛隊」を「屯田兵」に改め、農村の復興と農業生産にあたらせる。「防衛省」も「屯田省」に改めるというものである。

というわけでMSさんはいつも面白いことをいう。
ところで屯田「兵」は憲法違反かな?
c0018561_21175015.jpg
[PR]
by bbbrothers | 2007-01-26 21:19 | ちょいとびっくり

キリンビールの大瓶

c0018561_2215383.jpgキリンビールの大瓶を一口飲むと、ふーっと少年時代の故郷が蘇ります。ビールの冷えが弱いとなおさらです。

当時、新興住宅分譲地にあった私の家の周りでは、ところどころで新築住宅の工事が行われていました。当時はのんびりしたもので1棟の建物が完成するには半年から1年くらいかかったものです。

工事現場がひときわ賑わうのが棟上(むねあげ)の日です。一気に建物の骨組みが立ち上がる様子が面白く、よく草むらにしゃがみこんで朝から見物をしました。

作業が一通り終わるとこの日だけはその場で大工さんたちのささやかな祝宴が始まります。
大工さんたちは見ている私に気づくと手招きし、お菓子をくれたり、さらに面白がってビールを飲ませるのです。それで私の味覚に少しヌルめのキリンが刷り込まれました。
この時期はひと月に一回くらい棟上がありましたので、何度もビールを飲まされたように覚えています。

というわけで、私がビールの味を覚えたのはなんと小学校の低学年ということになりますので、我ながらビックリです(笑)。
[PR]
by bbbrothers | 2007-01-24 22:16 | ちょいとびっくり

謎のBSK

c0018561_22564572.jpg年末恒例の風呂掃除、最強の抵抗勢力はタイルの目地に染みついた黒カビだ。

別れようと思っている女が落としたコンタクトを雑踏で這いつくばって探すようなウンザリ度である。

いつも、こすってもこすっても動じない黒カビにだんだん意識が薄らいでくる。まるでアニキが「カタギになるので入墨をとってくれ」と背中を差し出してきたように、悠久で絶望的だ。

しかし、ふと去年ブログに書いた「カビ取りファイター・スト●ング」を思い出した。
こいつは非常に強力な洗剤なので、黒カビを落とすのだが、その替わりに俺の指紋を溶かすというわけで、悪魔の取引のようだ。

重い腰を上げとりかかろうとすると今年は様子が違う。敵が発生していないのである。
地球環境がここまで悪化したのだろうか。

ふと、ふと目に入ったのが天井に貼り付けた四角の貧弱な小物体。
1年ほど前に貼り付けたことを思い出した。家族の誰かがどこからか入手した「カビとり」だ。インチキ商品だと思いすっかり存在を忘れていた。

えっ、もしやこれが?・・・・品名を探すと小さなシールに「BSK」と書いてある。
ネットで調べると、BSK菌というのは細菌みたいなもので、カビを食べて暮らすそうだ。

今でも半信半疑である。
言っておくが、「イエスの方舟」や白装束の「パナウェーブ」から買ったのではない。
c0018561_22572765.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2007-01-22 22:58 | ちょいとびっくり

フォーク居酒屋に乱入

c0018561_21282567.jpg1月13日(土)はBBB初体験「フォーク居酒屋」乱入。
言い出した当人のワタクシが、開場時間が近づくにつれテンション下がる。



うー 場違いだなや・・迷惑だがや・・・フォーク恐ろし

我がリーダーも目が泳いでしまって変。
マスターの計らい(?)で開店直後にトップ出演で先ずは2曲

Ain't nobody's business
Crossroads Blues


ボリュームバランスがどうなのか不明のままとりあえず終了。
お客さまからは思いのほか、暖かな声援.


だんだんお客さまが増え店内満員に。
次々とフォークの方々がステージオン・・
うーむさすがにみなさま 内省的&愛の世界じゃ

店内の隅っこでくすぶって酒を飲んでいる異様&異形なわれわれである。

とはいえワタクシは、とある美女率いる「中島みゆきバンド」と
MOTOWNの「ONIONS!」で数曲演奏する予定だったので、
それが終わるまでBBBの連中にも待っていてもらう。

その間、暇なので飲むしかない、ベースK氏はいつもどおり絶好調だが
Dr、TKも素晴らしい水割りピッチ。

そんなこんなで呑んでいるとマスターが、もう一回ステージを、
と、まさかのありがたきお言葉。
ちょいと酔っ払った俺たち3人(リーダーを除く)は、
場所柄も忘れての堂々たるブルースをぶちかまし、
あっぱれすぎるジャンル違いで営業妨害となった。

Rock me, baby
The same old blues


それでもお客さまから熱い声援をいただき、まったくありがやありがたや。音楽は国境を越えて?・・でありまする。
またこの店「旅のつづき」はスタッフが親切で機材も充実しとてもナイスであった。

ちなみに中島みゆきバンドは「夢の続き」と「パラダイスカフェ」Voが超絶美女+Gが音の魔術師+凄腕Dr+職人芸ベースとバッチリである。
俺はいつも間違えるので叱られっぱなしだ。

ONIONS!は「ユーガッタ ホールド オン ミー」「COME SEE ABOUT ME」今回はコーラス隊が不参加にもかかわらずビート感あふれるご機嫌なサウンドだ。
俺はいつも間違えるので呆れられっぱなしだ。

写真はセッションできっちりシゴトするBASS、ヘロモン・K氏の雄姿である。
c0018561_21301074.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2007-01-16 21:33 | B.B.Brothersのライブ

あなたのケロヨン、大丈夫ですか?

c0018561_1312570.jpg先週、朝日新聞の一面に、とてもかわいい絵が載っておりました。
①~③を切り抜いて、私の携帯電話の日替わり待ちうけ画面にいたしました。

でも記事の内容は恐ろしい伝染病についてであります。
[PR]
by bbbrothers | 2007-01-14 13:15 | その他の話題

明けましておめでとうございます

みなさま明けましておめでとうございます。
今年もよい年になりますようにメンバー一同お祈りいたします。

c0018561_22162586.jpg最近の「異変」といたしましては、いつも使っているスタジオでは私たちが最高齢のはずだったのですが、われわれより先輩らしき方々のお姿をお見受けするようになってきたことです。
これはうかうかしていられません。といっても年齢だけはどうするわけにもいきません。




さて先日、今年初の演奏曲は以下の通り。
Crossroads Blues・・・・slowで暑苦しいアレンジです
Hoochie Coochie Man・・・・ブルースロック調で暑苦しいアレンジです
Ain't nobody's business・・・・演歌調で暑苦しいアレンジです
The same old blues・・・・バラード調で暑苦しいアレンジです
Rock me, baby・・・・あれ?これじゃなかったっけ?

なお今週の13日土曜の夜は、上野にできたフォーク喫茶!?にちょっとだけ出演いたします。店内のフォークの皆さまが眉をひそめている様子が目に浮かびます(笑)。
ご来場希望の方はメンバーまでお問い合わせください。

*BBBのWEBはこちらhttp://www.scn-net.ne.jp/~hotta/bbb/
[PR]
by bbbrothers | 2007-01-09 22:17 | B.B.Brothersの人々

「やません」

c0018561_1318591.jpg京都宇治を訪ね山本宣治(やまもとせんじ)の墓を見てきました。今でも地元の人から敬愛されていて「やません」と呼ばれています。

「やません」は明治から昭和に生きた左翼活動家で39歳のとき帝国議会議員に唯一のマルキストとして当選するも、翌年に暗殺されました。

もともと園芸家を目指していた彼は、庭師に弟子入りしたりカナダに園芸留学したりするうち動物学の勉強を始め、帰国後28歳で東京帝国大学に入学しました。



c0018561_13204120.jpg卒業後、来日したマーガレット・サンガーの通訳をしたことを契機に「産児調節運動」に取り組みました。日本で始めて性教育を行ったとも言われています。これは当時の国家政策「産めよ増やせよ」に真っ向から対峙するもので、女性が自分の意思で避妊できるようにという女性解放運動でもありました。この時期には来日中のアインシュタインとも面会しているようです。そういえば「手淫」という言葉を「自慰」に変えて少年たちを罪悪感から救った(笑)のも「やません」だそうです。

その後、貧しい人々の生活改善をめざす活動に心血を注ぎ、弱きを助け強気をくじく大奮闘で官憲とも戦う日々をおくりました。

帝国議会では、警察による拷問の真相究明や治安維持法反対に取り組みましたが、宿泊中の旅館で来客を装った軍国主義者に刺し殺されました。「やません」39歳でした。このあと日本は戦時体制へ突き進んでいきます。

c0018561_13312113.jpg墓の裏に、大阪農民大会での演説の一部「山宣ひとり孤塁を守る。だが私は淋しくない。背後には大衆が支持しているから」という刻文が刻まれています。これは戦時中、何度も何者かによって削り取られたそうです。今ははっきり読めます。

「やません」については taroさんの「クリック20世紀」が分かりやく紹介してくれています。以下、エピソードをひとつ引用させていただきます。
http://www.c20.jp/p/ysenji.html

>ヤマセンもいいが、ヤマセンの両親も魅力的。父亀松は家族ももてあます極道者。大津では「泥亀」とまで言われた。それが25歳のとき、宣教師に救われ入信。以後、模範的なクリスチャンとなり、教会発展のために尽力する。母多年(たね)は京都の老舗足袋屋の長女で、有名なハイカラ娘。家業が傾くと、自ら毛糸店を設立して切り回すしっかり者でもある。このハイカラさんがやがて教会に出入りするようになり、そこで今は熱心に布教の手伝いをする亀松と出会い、恋に落ちた。ヤソには娘はやれぬ。多年の父の大反対にもかかわらず、二人は式を挙げる。生計を立てるため、牧師さんの勧めでわずかな資金をもとに、アメリカから輸入したアクセサリーや化粧品を売る店を新京極にオープン。その名は「わんぷらいすしょっぷ」。「まけぬといふたらほんまにまけぬ」という大看板を掲げ、「日曜日は安息日として休業します」という札を出すこの風変わりな店は、着倒れ京都の娘さん、若奥さんたちの間で大ブレークした。ヤマセンが生まれるのはこの少し後のことである。<
c0018561_13213487.gif

この宇治山宣会は「やません」を伝え顕彰する活動を行っているそうです。
[PR]
by bbbrothers | 2007-01-08 13:33 | 戦争と平和

「ダーウィンの悪魔」を観ました

c0018561_119547.jpg「ダーウィンの悪夢」 フーベルト・ザウパー監督の2004年フランス・オーストリア・ベルギー合作作品。タンザニアのビクトリア湖で獲れるナイルパーチという白身魚をめぐる沿岸の村や人々の生活の変貌をインタビューで構成したドキュメンタリー映画です。
オンボロ巨大輸送機の柄が悪いロシア人パイロット、パイロットたちを相手にする娼婦たち、発泡スチロールを燃やしてその煙でラリるストリート・チルドレン、魚の加工場から廃棄されるアラを集め、蛆だらけになって空揚げにする人々、戦争を求る警備員・・彼らが重い口を開きます。
実はパーチをヨーロッパと日本に運ぶ輸送機は、ヨーロッパからの武器密輸に携わっている疑惑があります。密輸とアフリカ内戦と貧困の構造を告発しようとする作品製作は命がけだったといえましょう。相手が巨大な国際組織、政府が相手だからです。
タンザニアへは膨大な援助が送られ、タンザニアから膨大なナイルパーチが毎日送り出され、そのタンザニアで飢餓が発生しています。アフリカでは内戦がやみません。

ナイルパーチはスズキの代用魚としてスーパーで切り身が売られているそうです。

渋谷シネマライズのみですが今月半ばから全国公開です。
[PR]
by bbbrothers | 2007-01-03 11:09 | 映画を観ました

「硫黄島からの手紙」を観ました

c0018561_1175197.jpg「硫黄島からの手紙」、この映画は「娯楽作品」ではない、というのが第一印象でした。クリント・イーストウッド監督は硫黄島の惨劇をリアルに描こうとしています。
例えば、疲れきった日本兵が米軍に投降し捕虜になる場面がありますが、米兵が食料を与え怪我の手当てをする・・というありがちな演出ではありません。また、戦場でのロマンスや友情という常套的な小道具も使わずドライな仕上がりでした。
二宮和也演じる「西郷」の台詞まわしが、その時代を感じさせない「今風(いまふう)な」軽い感じだった点は映画の緊張感を損なっているように思いました。また兵士の恐怖や狂気が少し丁寧に深く表現されているとよかったのではないでしょうか。
[PR]
by bbbrothers | 2007-01-03 11:00 | 映画を観ました