<   2005年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

歌声喫茶 潜入

先日、ついに「歌声喫茶」に入ってみた。新宿の老舗だ。
「歌声喫茶」といえば60年代の安保粉砕やゼンガクレンやゲバルトであり反政府であり革命である。以前から気になっていたのだが入る勇気が無かった。

c0018561_108571.jpg俺の想像はこうだった。

入店したとたんトルストイのようなヒゲズラのオヤジが、久しぶりに会った親戚の叔父さんのように肩を組んできて、「さあ呑もう!」と俺にウオッカのグラスを手渡す。すこぶる乱暴である。驚いているとあっという間に「歌う善男善女」に取り囲まれてしまっている。みんな統一的満面笑顔、小学生のときキタムラ君に無理やり日曜学校に連れて行かれたときと同じ状況だ。よくみると手に署名用紙を持っていると似合いそうな人々である。振り返るとビックリ。「ハラショー!!」と叫ぶコサックダンサーズがドドドと店内に入ってきた。体を揺らしながら着実に俺との距離を詰めてきている。c0018561_1092850.gif・・・これはやばい・・・コーラス隊とダンサーズのテンションもますます高揚してきた。もしや、これはイニシエーション・・・う、マズい、このままでは・・・ようし、この一杯だけ頂いて即刻脱出だ。「ゴクリ」その途端、うお何だぁぁぁ!!沸き起る「マンセー!!」「マンセー!!」「マンセー!!」そしてなんと俺にスポットライトがーっ!うわぁ、くす玉も頭上で割れたようである。紙ふぶきが舞っている。一気に店内は祝祭のピークに達し、あっという間に「村上同志」が誕生しているではないか。・・もう戻れない・・店内にインターナショナルの大合唱が響き渡り、どこに隠れていたのか、おなじみの面々、そう交番に貼ってある過激派の指名手配犯人たちが次々におれに握手を求めてくる。・・・これが「歌声喫茶」なのか・・・「地下生活者」なのか・・もう戻れないのか・・さよならBBB、さよならみなさん・・歌うしかない。やけくそだぁ

さてさて、行ってみたらまったくの居酒屋である。6階にある店だが窓が大きく開放的、照明も明るい。大きな社員食堂のような感じでもある。喫茶といってもビール、サワー、奴、焼き鳥、ピザ、鳥唐、サラダをはじめメニューは豊富。水曜の19時過ぎだったが50人ほど入る店内は八分入り、これから混むのだろうか。落ち着いた感じの年配者が多い。トルストイはいなかった。しばらくするといよいよ「歌声タイム」が始まった。テーブルに歌集が置いてありリクエストカードに曲を書いて店の人に渡す。すると順番にステージで生演奏してくれる仕組みだ。ピアノとアコーディオンが基本でドラムやベースも置いてあった。リクエストした人はステージに上がって歌ってもいいし上がらなくてもいい。その場合は店員が歌ってくれる。店員の永井さんという女性は若くて飛び切りの美人だ。他の客も自席で思い思いに伴奏にあわせて歌う。歌わなくてもいいが知っている唄だと歌いたくなるもんだ。俺も小さく歌った。それだけであるが意外と楽しい。肩を組んで輪になってというのも無かった。俺の想像していたことは何一つ無かった。よかった。
歌われている曲であるが「カチューシャ」とか「革命の歌」とか「ピロシキ」とか「黒いキャビア」と思っていたが、人気1位が「アメイジング・グレイス」、2位は忘れたが3位は「涙そうそう」ということで意外だ。「歌は世につれ世は歌につれ」である。わがBBBメンバー全員で近いうちに探訪したいと思う。
[PR]
by bbbrothers | 2005-10-28 22:21 | 音楽の話題

70年代のエレピアン

今日は私的キーボード紹介の最終回、いまひとつお付き合いを。

さて、キーボードは重くてそう簡単に「運べない」。ギターやベースが羨まし~~ ボーカルなんて手ぶらだ~~。 おっとドラム君は超大変だ。が、ドラム君は大概、初めから運ぶ意欲が無いから気楽なのだ。

練習が「部室」からリハーサルスタジオにグレードアップするとスタジオ機材を借りることが増え、購入したキーボードは自宅でほこりをかぶることが多くなった。シンセは音色や奏法が機種に依存するためスタジオと同じ機材に買い換えるとよいのだがそんな金はもちろんない。
(スタジオでお世話になった’70sキーボードたちは本ブログ2005年2月20日で紹介した。)

(考察:ところで’70年代後半から国産シンセシーンが超熱いバトル状態に突入、さまざまな機種、メーカーが覇権を争っていた。ROLAND KORG YAMAHA が国産3大メジャー。スタジオに置いてあるのもさまざま、キーボードは商業主義的浪費戦略の恩恵と犠牲を担ってきた。)
c0018561_19191832.jpg今回は「運べない」代表、75年ころに購入したエレピ(電気ピアノ)のCOLUMBIA ELEPIANアップライト型だ。これは確か73鍵で木造建築!!見てすぐ皆さんは「運べない」と判断できるだろうが俺は「運べる」と判断した。実はもう一回り小さい63鍵モデルを買いに行ったのだが在庫が無かったので、例の調子で「じゃあ、こっちでいいです。これください」と購入。う?配送してきたのは立派なピアノ運送のオッチャンたちで逞しい。そんなに重かったっけ?たかだか60kg・・・。
で、何度かバンドの4人がかりで頑張ってライブに持ち出したがそのたびに、ピアノの角と我が家の角(カド)がメリメリ、ピシピシと損壊した。
そこで考えたのが上下切断だ。下部のアンプ・スピーカー部はライブで不要、上のアクション&ピックアップ部だけを運ぶ。裏蓋を開けて確認するとダンパー以外は簡単そうだった。が顛末はそのままでいいという友達に丸ごと譲ることになり搬出時にまたピアノと家が欠損したのはいい思い出だ。
さて、このELEPIANだが鍵盤の数だけ用意された鉄板をひとつひとつハンマーアクションで叩いてそれぞれのピックアップマイクが拾っている。ちなみにRhodesのトーンジェネレーションは板でなく棒だ。音色とキータッチはちょうどRhodesとウーリッツアーの中間、先日紹介したmaxonのフェイザー&ステレオパンをかませるとこれがナイス!!コンボタイプも販売されていてスタジオで見かけたこともあった。アクションはさすがにYAMAHAが勝ちなのだがピックアップと鉄板のコンビネーションはなかなかのものだった。

というわけでツマらん文章を見ていただき感謝いたします。
[PR]
by bbbrothers | 2005-10-23 19:20 | 音楽の話題

DX9 D50

c0018561_2036464.jpg1983年発売のシンセYAMAHA DX7は革命的だった。
FM音源のキラキラ感は前代未聞の透き通った説得力にあふれ、MIDIも搭載し限りない拡張性を秘めていた。オルガンの音色もかなりカッコよかったのでさっそく地元横浜の帝都無線に買いに行くとなんと入荷3ヶ月待ちという。せっかちな俺は「じゃこれでいいです、ください!」と店頭にあった色とカタチが似ていた「展示品限り」のDX9を購入した。DX7の下位機種で7万円ほど安かった。大きな違いはDX9にはキーベロシティがないことだ。オルガンばかり弾いていたのでその重要性を甘く見ていた。演奏表現力が糞なのである。大失敗の買い物、このDX-9は業界でもほとんど売れずレア楽器の烙印を押されることとなった。

c0018561_20362598.jpgそんなことでもう一台追加したのがローランドD50、これはDXと発振方式が違っていたらしく暖かく厚みのあるヒューマンな音が出た。使い勝手もよくてまさに名機!誰でも鍵盤を押した瞬間から何かにインスパイアされ名作曲家、編曲者、演奏者になれた。今でもDX7とD50を両方使っているプレーヤーは多い。この機種のころになると音色データはFD保存になっていた。初代DXは7も9もカセットテープに保存していた。ラジカセにカセットを入れてPLAYボタンでロード、RECボタンでセーブ!!
ちなみにデータを耳で聞くことも出来て「・・・ガーッザージージー・・・ギーーザザ・ザーッ・・・・ピー」 という感じだ。
[PR]
by bbbrothers | 2005-10-20 20:32 | 音楽の話題

YC-20とKORG700S

c0018561_21424229.jpg18歳ころに買ったのがYAMAHAのオルガンYC-20の黒、もちろん中古。これには本当にお世話になった。
音はエレクトーンっぽくて薄っぺらなのだが、Maxonのフェイズシフターをかませて左右に音を振るとグッと音幅と奥行きが出て素晴らしい音場を作り出すことができた。いい音に出逢うと音が演奏を導いてくれる。この組み合わせは絶品、いろんなイメージを生み出すことができた。またこのころシンセサイザーがようやく手の届く価格で売り出された、といってもモノフォニックなのに15万円近くした。オルガンの上に載せて使っていたのが前のバンドで一緒だったO君所有のKORG-700S、太くてどっしりした音が出た。アナログシンセはライブでリアルタイムに縦横無尽な演奏ができてとてもスリリングだ。貸してくれていたO君には感謝感謝。
この楽器でオリジナル曲中心のハードロックバンドに参加していた。楽器と自分が一番しっくりしていた時期である。

ところでYC-20はその後大妻女子大のフォークソング部に譲ることとなり届けに行ったのだが、迎えに出てきた女子大の人たちがきっちりした服装だったので俺には縁のない「御婦人」に見えた。
c0018561_213965.jpg


c0018561_21392755.jpg
[PR]
by bbbrothers | 2005-10-17 21:46 | 音楽の話題

テスコのオルガン

c0018561_14244613.jpgTEISCHORD C
次に使ったオルガンがこれ。「TEISCO」テスコというのは不思議なメーカーで王道を少しはずれた個性的な楽器を作っていた。テスコのエレキは何か仕掛けがあって話題だった。
このTEISCHORD-Cは高校時代に1年上のセンパイが持っていたオルガンで時々借りていた。ACETONEの上に置き2段キーボードにしていた。ACETONEのビービー音とは違って細身だったがクリアーで切れのいい音が出た。
さてこのセンパイであるが1年上でしかないのに俺からすれば完全な大人だった。全く無口で笑顔はおろか表情も変えないほどクールだった。顔色もいつも青ざめていてクールだった。オルガンを借りたくて話しかけるのにも勇気を要した。だいたいあまり学校に来ていなかった。痩せていて猫背で鍵盤に覆い被さるようにして超かっこいいコードを弾いていた。先輩の属しているバンドはド迫力のプログレをやっている「危ない」バンドだった。学園祭でセンパイのバンドがライブハウスをやったとき、センパイのトモダチ連中がドラッグとセックスの香るすごい格好でゾロゾロとやってきた。我々田舎の高校生たちはチンドン屋を眺めるように遠巻きにした。
[PR]
by bbbrothers | 2005-10-16 14:30 | 音楽の話題

ACETONE TOP-1

c0018561_20164629.jpgこれが最初に買ったオルガン。ACETONE TOP-1。今はネットでもめったにお目にかかれないビンテージレアだ。

横浜日の出町にあったマルゼン楽器に中古で出ていた。バンドの仲間で金を出し合って購入した。2万円くらいした。35年前の2万円だから15歳の少年たちにとってはとんでもない額、お年玉を出し合える2月ころに買った。もちろん電車で、手で運ぶしかなかったが30キロ近くは重かった。
ビービーというチープな音でVOXオルガンに似ていた。だからGSなんかには向いていたのだが、俺たちはピンクフロイドのコピーなどをやっていたから音色は不満だった。それでも買ったときは皆で祝った。

丈夫に出来ていて2年ほど使って無故障の状態で誰かに譲った。
とにかく初めての自分のオルガンなのでこうして写真を見つけると嬉しい。
[PR]
by bbbrothers | 2005-10-14 21:42 | 音楽の話題

8月15日のソウル

c0018561_1645498.jpg8月15日の終戦記念日、「反日」の実態を知りたくてソウルに行きました。
市内の街路や地方へ続く高速道などの沿道に「太極旗」が溢れています。
「大極旗」でびっくりはソウル市庁舎、数週間前からご覧のとおり数千枚の旗でラッピングされていました。


当日は「日本植民地支配解放60周年」記念行事があちらこちらで開催されていました。
全体的には日本に対する「恨」より「南北統一」が話題のようです。
過激な統一反対パフォーマンスをした人がいて何度も何度もニュースで映像が流れました。(絵になるのでカメラマンが喜びます)タクシーの運転手さんは、あの連中はいつもあれだから・・と呆れ顔。
テレビ番組では「靖国神社への参拝」をリアルタイムでとりあげ、また日本軍の非道をアーカイブ映像で特集していました。特に「竹島」(独島)は「植民地支配」のシンボル的に取り扱われています。

何人か韓国の人に話を聞きましたが、ある女性の「反日反日って騒いでるのは政府とテレビだけよ」という言葉や「太極旗ばかり並べないで統一旗にすべきなのに」という男性の言葉が印象に残りました。c0018561_16452434.gif

CDショップに行くとJ・POPコーナーがあり「ケミストリー」「AYU」の等身大パネルが飾られています。つい数年前韓国に行ったときは持ち込み禁止だったことを思うと隔世の感です。
日韓関係は若い人に任せるに限ります。でもエイベックスが荒稼ぎしていることは事実です。

こちらが「統一旗」 右の海にある点が「竹島(独島)」とてもクローズアップされています。
[PR]
by bbbrothers | 2005-10-10 16:51 | 戦争と平和

SOULIVE


c0018561_1184197.jpgSOULIVE ソウライブ

オルガンのニール・エヴァンス、ドラムのアラン・エバンスは兄弟、ギターのエリック・クラズノー3人のファンクバンドで全員20代だ。2005のフジロックにも来日出演。シンプルな曲をリフの繰り返しでぐんぐん盛り上げていく。まさに息のあった3人のグルーブ感は見事である。


オルガンの二ールはハモンドC3を使っている。2002、2004のニューヨークライブではC3の上にベースパート用キーボード、さらにクラビネットという4段構成だから鍵盤位置は高くなる。大概の人の左手ベースはハモンドの下鍵盤だがニールの左手は右手より高い鍵盤位置である。ペダル鍵盤は使わず立って演奏しているから腰が痛くなりそうだ。

ベース音にジャコ・パストリアスの音をサンプリングした音源を多用しているのは面白い。特筆すべきは彼の左手ベースの音数の多さ、右手よりはるかに速弾きである。スタカートが精密でゆっくりめの曲(ほとんど速い曲だが)でも小刻みに鍵盤をたたき続けている。ソウライブの楽曲はニールの左手ベースで支えられている。

ドラムのアランも芸達者で斬新なリズムパターンを歌うように繰り出してくる。エリックはセミアコをブルージーにまたお茶目に、そしてワイルドにと縦横無尽だ。

ハモンドに久しぶりの新風が出現といったところだろうか。
[PR]
by bbbrothers | 2005-10-02 11:13 | 音楽の話題

タンチョウ

c0018561_9555580.jpg丹頂といえばポマードである。こいつでアタマを固めなければ兄貴やオヤジになれなかった。
先端のとがったピカピカの黒革靴を履き、体を傾けてタバコをくわえ、時には遠くを見つめて口笛を吹いたりする、これがポマード香る大人の男である。歯磨き粉はもちろん「タバコライオン」だ。

c0018561_10114220.jpg
ポマードで心配なのがブヨや小バエのひっつきだ。アタマが蠅取りリボン状態ではレディを口説けないはずだ。ヤンキー君たちは夏の夜、公園の街灯の下にしゃがみこんだりしないほうがよい。



ところで先日、タンチョウヅルを見に釧路のツルセンターに行ってみた。ところが未だここに居ないと言う。
なるほど冬に渡ってくるんだな、と思ったのだが釧路のツルは留鳥で広い湿原のどこかに潜んでいて見つけるのが難しいらしい。
しかし冬になると湿原が凍ってしまい餌がとれなってこのツルセンターの餌場に集まって来るとのことだった。
そういうわけでタンチョウヅルの写真は雪景色のなかが多いわけだ。

ツルはあきらめ霧多布湿原に移動、展望台に向かった。
するとなんと展望台の手前の芝生にタンチョウヅルのツガイがいるではないか。
ゆるゆると歩きながら何かをほじくっている。
私は興奮を抑えきれずカメラを取り出しゆっくりツルに近づいていった。
私が1歩進むとツルは2歩遠ざかる、それでも5mくらいまで接近に成功した。
しつこく追っていったら崖に追いつめることとなり、ツルはおもむろにふわりと大きな翼を広げ飛び去っていった。
パサッと1回羽ばたくと、あとはそのままグライダーのように音もなく数百m滑空しあっというまに点のごとく姿が小さくなり
湿原のどこかに降り立ったのだろうが草に紛れて見えなくなった。
本当に美しく得をした気持ちになった。

c0018561_10115915.gifこれが逃げるツルの写真だ。
ところがその後で展望台に上りヤバい事に気づいた。
ずらりとカメラの列、みんなそのツルを息を潜めて撮影していたのだ。
おまけに「本日ツル2羽観察可能」という立て看板まで出ているではないか。
私が展望台に姿を現したときの刺すような視線、みんな無言で用具を片づけ始める人もいる。
ツルに続いて逃げ出すようにその場を去ったことはいうまでもない。

そこで私の行為の損害賠償額を計算してみた。
撮影者たちは東京から1泊2日で有給をとって撮影に来ていたが私の行為でツルが逃げ写真が撮れなかったとする。航空券が往復5万円で宿泊費や食費が2万円とする。有給なのでその賃金を1万円としよう。合計で8万円である。そういう人が6人ほどいたので合計で48万円だ。
ところである人は今回の撮影のために撮影機材を新調、例えば900万画素のデジカメが10万円だったり
望遠レンズが9万円だったりと考えると
・・・どうもすんませんでした。
[PR]
by bbbrothers | 2005-10-01 09:58 | 毎度ばかばかしいお話