<   2004年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

サムソン・シュミット

30日、九段会館で来日中のサムソン・シュミット・カルテットを聴きました。

マヌーシュ(ジプシー)・スィング・ジャズでジャンゴ・ラインハルトやステファングラッペリの後継者といわれています。
なんといっても超絶速弾きギターテク。アコギの限界といっても過言ではありません。当日ゲスト出演したサムソンの父ドラド・シュミット、そのいとこのチャボロ・シュミットがさらに凄まじい演奏小技のデパートでした。ドラドは歌もバイオリンも素晴らしく、なかなかの色男で女にもてそう、チャボロは少しいたずらで人なつっこい温厚な笑顔です。二人の圧倒的な存在感と技術にサムソンも太刀打ちできません。

ギターはセルマー社のマカフェリ。これは1932年から20年間に1000本しか生産されなかったというシロモノで現在入手できるのはそのレプリカモデルのようです。

楽器構成はギターが2~3本とアコベースとバイオリン。ドラムレスなのでギターのカッティングストロークがリズムを作っています。このストロークが実に正確無比、しかも表情がとても豊かです。大概の曲は二人がリズムで一人がテーマやソロをとっていました。ギターを弾いているひとにはお勧めのライブです。

演奏曲は古い時代のヨーロッパジャズ、スケールは単純でソロでのテンションノートなどは余り使われていません。どちらかといえばイージーリスニング的な印象です。しかし速いです。速くても哀愁にあふれています。
[PR]
by bbbrothers | 2004-05-31 21:27 | 音楽の話題

5/23ACTでの楽曲紹介

5/23ACTでの楽曲紹介をします。
1曲目はオリジナルですがタイトルはありません。keyC・4beatのミディアムテンポで12小節循環のブルース進行です。
練習のはじめによくウオームアップをかねてやったりしていたのですが、今回はテーマを作って曲に仕立ててみました。
やってみるとjazzのスタンダードのような感じになり、オープニングの軽めの曲として今後も使っていこうと思います。
印象的なリフとブレイク、ジャージーなピアノとクリーントーンの歌うギターが特徴です。
曲タイトルは、日付から「523ゴーニーサン」でいいかなと思っています。

2曲目は「ROCK ME BABY」 
1曲目の4beatが終わって、そのままbassとDrsが8beatに運びこんでのスタートです。
はじめはかすかな感じでギターのフレーズが繰り返されます。
この曲はブルースのスタンダード曲で大御所B.B.KINGによって世にひろめられました。
12小節ブルース循環コードでマディーウオータース、ジョニーウインター、Eクラプトンなどたくさんのプレイヤーが演奏してきました。
解釈やアレンジも幅広くおこなわれて、ストーンズの手ではロックンロールに仕上がっています。歌詞は、裸のお前を一晩中ROCKして眠らせないぜ!?という赤まむし>強壮剤風のようです。
基本的な構成なので甘く見ていましたが、実はこういうシンプルな曲ほど作り込み方が難しく、難局の一つです。

ジュラス・ガイJEALOUS GUY ベースのK氏が歌いました。なかなか艶っぽい声です。
さて、この曲はJohn Lennonのヨーコに対する思いを歌ったものですが、「ヨーコー・・僕を離しちゃだめぇ~」というとても情けないグジュグジュした歌詞です。
今回私たちはDONNY HATHAWAYの演奏を参考に練習しましたが、あの乾いた味がなかなか出せなくてかなり苦労しました。
BBBとしては珍しく、リズムをクールに出してタイトなアレンジに仕上げました。
スカンと抜けてる感じが特徴で、最終的な出来映えには満足しています。

4曲目のOh Boyは、ギター・ボーカル・ぶぁんますのH氏が彼の息子をイメージして作ったオリジナル曲です。
彼の息子のK君は家を出て遠くで一人暮らしを始めました。その息子を思いやる父親の気持ちが歌詞になっています。
「辛いことがあったら戻って来いよ、小さいときに遊んだあの川や山が待っているよ。」
私もK君が小さいときから知っているので同じ気持ちです。
ブルース曲ですが思い切ってmaj7の音をソロで多用?してみました。これが優しさをまき散らし、自分としては良かったと思っております。エレピで攻めてみましたが実はH氏はエレピが嫌いです(笑)。
息子K君はこのwebページを作成管理してくれています。thanks

5曲目はアントニオの歌です。
アントニオ・カルロス・ジョビンに捧げたマイケルフランクスによる名曲で、
私たちはUAの録音を参考にしました。
UAの訳詞が、彼女独特の時空をまたぐ浮遊感でとても魅力的です。
ギターは内田勘太郎氏、ブルーステイストたっぷりの録音です。
bossaのリズムは演奏していても小気味がいいものです。
BBBにもオリジナルで浄水器bossa
があります。グルービーな小作品で、また演奏してみたい一曲です。
ボーカルは03’夏のライブでsummer time
を歌ってくれたゲストのN子さん。
表情豊かにしっとりした低音から透き通る高音までが切れ目無く伸びやかで美しい、
堂々とした歌いっぷりも安定感があります。 


[RADIENCE]吉田美奈子の曲です。ボーカルのN子さんによると、クリスマスシーズンに空騒ぎしている連中をみて「あほちゃうか・・」とクールに吐き捨てる歌だそうです。バンドのメンバーで誰がそのことを理解して演奏しているでしょうか?メンバーがそもそもクリスマス状態でブリブリと演奏してしまっています(笑)。メンバーの皆様は再演奏の際、そこのところをしっかり解釈して音づくりに励んで欲しいものであります。ま、それはともかく季節はずれの選曲でした。聴き所はなんといってもドラムのアフタービート小技群(小枝ではない)です。もう一度聴いてみたい方は6/19ビデオ・ライブ(往年の音楽用語ではフィルムコンサート)へお越しください。

曲紹介の最後「 もう一度ふたりでうたいませんか」
どひゃあ~恥ずかし恥ずかしアチキどうしまひょ・・・・・
ぐぐぐっとくるラブソング、しかも、ちびり未練がましくて、これを読んでるあなたっ!
どおよ、セツセツセツセツきましたか?
と申しましてもゴメん、我々が奏(や)ると情緒がなくってあきまへん。
あ、聴いたことない? これ、作曲森田公一先生 作詞:阿久悠先生という歌謡界の両巨匠!
落としどころはココなのさ、とすべてお見通しの「楽曲」作品なのです。
紅白のトリで和田アキ子が歌ったこの曲を今回BBBが演奏するに至った理由は、
メンバーの一人が、実はライブ直前に・・・が・・・で・・・・ということがあって、みんなが・・・・なんてね(笑)
[PR]
by bbbrothers | 2004-05-31 21:23 | B.B.Brothersのライブ

ウチナーグチ

先日の新聞コラムに知念ウシさんが、琉球言葉は母音がア、イ、ウしかなくて、エはイに、オはウに変わる、と書いていた。
ふむふむ、それで試したみた。「エレキピアノ」→「いりきぴあぬ」 なるほど。「おやじのダジャレは意味不明」→「おやじの だじゃりは いみふみい」 おぉ、なるほどなるほど。「明けましておめでとう」→「あきましてぃ うみでぃとぅう」 いいねえ、すっかり南国(なんぐく)気分。 うむしるいゆ たみしてぃみてぃは(面白いよ 試してみては)? 
[PR]
by bbbrothers | 2004-05-20 21:28 | その他の話題

デンデケデケ

俺は青春デンデケデケと同世代。とにかくカネがなかった。ギターの弦なんか滅多に替えないから赤さびで指が臭くなるまで弾いてた。仲間内のライブ(当時はコンサートとよんでた)の日には誰かがアコ弦を煮ると新品の響きになることを発見し、みんな当日は早起きしたりした。これは当日限りでは結構効果があった?ように思う。エレキギターのコード(今はシールドというが)でカールコードというグルグル巻きで伸び縮みするのがあって、ビヨンビヨンさせてじっと見つめると車酔いのように気持ちが悪くなったりした。ギターのイフェクターといえば定番はファズとワウ、ファズは音をザラザラさせるやつでワウは文字通り足でペダルを踏むとワウッと音色が変化するものだ。ワウのほう今でも使う人が沢山居るがファズは消えた。アンプはしょっちゅう壊れたが、でも自分たちで適当に修理しながら使いつづけた。そのためかしばしばギターやマイクからビリッと感電した。半田づけはみんなうまくなった。
[PR]
by bbbrothers | 2004-05-18 21:29 | 音楽の話題