カテゴリ:ちょいとびっくり( 51 )

産業ロボット

c0018561_215259.jpg
先日、自動車工場を見せてもらった。カローラやラウムを作っていた。
たくさんの産業ロボットが並んで動いている。その間を、ラインに載せられたクルマの原型が通過していくうちに次第に仕上がっていく。

ロボットの高さは2mくらいだが腕が長い。腕の先にイロイロな装置を装着して作業をしている。自分ときどき装着物を変えたりするヤツもいてなかなか器用だ。

考え込んでいたかと思うといきなりブンッと動いたりする。なにやら細かいところをツンツンしたりもしている。動きかたがイキモノ的なのは、恐らく人間の動きを代替させるという発想で開発されたからなのだろう。

見学コースを歩いていくと現場監督や看守のような気分になるし、また動物園の檻を見物しているような感じだ。ときどき無人の資材運搬車が通路の私を追い越していく。

俺が一番ドッキリしたのは、ロボットのブースに挟まれるように人間が作業するブースがあり、ニイチャンたちがテキパキと作業をこなしていた光景だ。
檻の中みたいだ・・・忘れられない。

ロボットが人間を助けている・・・・嘘だ。
人間とロボットが協力している、それも嘘だ。

人間がロボットのようにこき使われている。
しかもロボットに出来ないとても難しい作業をロボットと同じスピードでやらされていた。

ラインは、ほんのちょっとの休憩時間と事故のとき以外は始業から終業まで絶対に止まらない。ロボットは同じスピードで動き続ける。ニイチャンたちも同じスピードで動き続ける。

ラインを動かしている電源装置を叩き壊したくなるはずだ。
c0018561_21102485.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2007-08-23 21:10 | ちょいとびっくり

近所のおみせ

c0018561_7453333.jpg

近所の本屋さんですが普段はタバコ屋で夜はヤキトリを売っています。お店の構造は肉屋さんです。

どうぞよろしく!
[PR]
by bbbrothers | 2007-08-17 21:58 | ちょいとびっくり

ひっ付いているじゃん・・・・

通称「イセエビ・キャッチャー」
水槽には立派なイセエビがウヨウヨ、ユラユラと素敵だ。
ガラスの横には持ち帰るためのビニール袋などが懸けてあり大いに期待が高まる。

1回300円(3トライ)だが3回なら9トライで500円とお徳だ。
しかし、ようやく持ち上げてもエビが尻尾をブワンと振って落っこちてしまう。
穴のそばのエビをつかめれば確立は高まるはずなのだが、エビ同士が絡まっていることもあってなかなか難しい。
もっと続けたくてもギャラリーに取り囲まれてしまうのが困る。
何日か通ったのだが結局一匹も捕れなかった。

ゲームセンターの兄ちゃんが水を取り替えていたのをときどき見たが本当に嫌そうだった。
イキモノは世話が大変だ。

結局この「イセエビ・キャッチャー」、次第に撤去されすっかり見かけなくなった。

ところで前置きが長くなったが、房総で見かけたのが「サザエ・キャッチャー」
ひっ付いてるのは絶対に捕れません(笑)。
c0018561_16362973.jpg

c0018561_1628541.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2007-08-14 16:28 | ちょいとびっくり

シネコン

シネコンといえばマルチスクリーン
さて どれを観ようか・・・・・
c0018561_22524568.jpg

                                  横浜西口シネマ
[PR]
by bbbrothers | 2007-06-03 22:53 | ちょいとびっくり

日本の農業問題

c0018561_21172541.jpg農業学校の先生をしていたMSさんが「日本の農業問題」について教えてくれた。
MSさんは私より一回りも年下の女性で、いろいろなことを知っている。
MSさんいわく・・・・

「日本の農業自給率」は30%くらいしかないが、国内生産を増やし自給率を高めようとすべきでない。
なぜなら、今の日本人は飽食でありダイエットに苦しむ人も多い。残され捨てられる食べ物も莫大である。
だから国内で生産できている分にあわせて節約していけばよいとのことだ。






とはいえ農民の高齢化と後継者不足で「農村の荒廃」が進み農業生産は低下する一方だ。耕作放棄地も増え、土砂災害の原因にもなっている。
そこで現在の「自衛隊」を「屯田兵」に改め、農村の復興と農業生産にあたらせる。「防衛省」も「屯田省」に改めるというものである。

というわけでMSさんはいつも面白いことをいう。
ところで屯田「兵」は憲法違反かな?
c0018561_21175015.jpg
[PR]
by bbbrothers | 2007-01-26 21:19 | ちょいとびっくり

キリンビールの大瓶

c0018561_2215383.jpgキリンビールの大瓶を一口飲むと、ふーっと少年時代の故郷が蘇ります。ビールの冷えが弱いとなおさらです。

当時、新興住宅分譲地にあった私の家の周りでは、ところどころで新築住宅の工事が行われていました。当時はのんびりしたもので1棟の建物が完成するには半年から1年くらいかかったものです。

工事現場がひときわ賑わうのが棟上(むねあげ)の日です。一気に建物の骨組みが立ち上がる様子が面白く、よく草むらにしゃがみこんで朝から見物をしました。

作業が一通り終わるとこの日だけはその場で大工さんたちのささやかな祝宴が始まります。
大工さんたちは見ている私に気づくと手招きし、お菓子をくれたり、さらに面白がってビールを飲ませるのです。それで私の味覚に少しヌルめのキリンが刷り込まれました。
この時期はひと月に一回くらい棟上がありましたので、何度もビールを飲まされたように覚えています。

というわけで、私がビールの味を覚えたのはなんと小学校の低学年ということになりますので、我ながらビックリです(笑)。
[PR]
by bbbrothers | 2007-01-24 22:16 | ちょいとびっくり

謎のBSK

c0018561_22564572.jpg年末恒例の風呂掃除、最強の抵抗勢力はタイルの目地に染みついた黒カビだ。

別れようと思っている女が落としたコンタクトを雑踏で這いつくばって探すようなウンザリ度である。

いつも、こすってもこすっても動じない黒カビにだんだん意識が薄らいでくる。まるでアニキが「カタギになるので入墨をとってくれ」と背中を差し出してきたように、悠久で絶望的だ。

しかし、ふと去年ブログに書いた「カビ取りファイター・スト●ング」を思い出した。
こいつは非常に強力な洗剤なので、黒カビを落とすのだが、その替わりに俺の指紋を溶かすというわけで、悪魔の取引のようだ。

重い腰を上げとりかかろうとすると今年は様子が違う。敵が発生していないのである。
地球環境がここまで悪化したのだろうか。

ふと、ふと目に入ったのが天井に貼り付けた四角の貧弱な小物体。
1年ほど前に貼り付けたことを思い出した。家族の誰かがどこからか入手した「カビとり」だ。インチキ商品だと思いすっかり存在を忘れていた。

えっ、もしやこれが?・・・・品名を探すと小さなシールに「BSK」と書いてある。
ネットで調べると、BSK菌というのは細菌みたいなもので、カビを食べて暮らすそうだ。

今でも半信半疑である。
言っておくが、「イエスの方舟」や白装束の「パナウェーブ」から買ったのではない。
c0018561_22572765.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2007-01-22 22:58 | ちょいとびっくり

充電式アンプ

c0018561_21495818.jpg先日、Onions&パラカヘのライブでJ・TODA氏にお借りしたバッテリー駆動!ベースアンプ CRATE TXB50。


10''のスピーカーから輪郭のはっきりした腰のあるしっかりした音が出る。キャビネットの作りもいいのだろう。


出力が50wもあるという。
これ、本当に充電式なの?と驚くばかり。4時間くらいは電池がもつそうだ。
ストリートの定番アンプだそうだが実にすぐれものである。


この日のライブでは自分用モニターとして使わせていただいたが充電式というのはなかなか自由度が高くて使い勝手がいい。
重量も10kgと軽いことも特筆すべきだろう。もちろんギター用アンプもある。
[PR]
by bbbrothers | 2006-12-19 21:50 | ちょいとびっくり

宇宙エネルギーパワーボックス

c0018561_20452418.jpg先日、所要で出かけた神奈川県厚木七沢温泉の旅館にあった「宇宙エネルギーパワーボックス」。

嬉しいことに2000円払えば誰でも利用できる。1台しかないのだが私が行ったときは待ち時間なしであった。

番頭さんに申し出ればかぎを空けタイマーを30分間セットしてくれると思われる。おそらく中に椅子があり腰掛けて宇宙エネルギーを注入されるのであろう。

効能のほどは次回、私が体験して報告しようと思う。今回は2000円の支払いをためらってしまった。

写真は全景、表示、扉横のタイマーである。タイマーの横にスイッチが見える。





c0018561_2045456.jpg
c0018561_2046544.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2006-10-23 20:47 | ちょいとびっくり

なるほど

c0018561_1032858.jpg 一人暮らしの同僚OSさんが、愛猫ミーチャン用に導入した最新グッズがこのカメラ付自動給餌器 Iseepet360。

外出先の携帯やPCからの操作で自宅にいるペットに餌を与えることができる。餌は2種類セットでき、どちらを与えるか選択可能、1回に与える量も3段階から選べる。

さらにペットの様子を動画や音声で確認できる。見せてもらったがヌラリとカメラに寄ってきて面白い。声掛けしたり音楽を鳴らすことでもできるそうだ。

なかなかツボを押さえたグッズである。

★BBBrothersのWEBはこちらです★http://www.scn-net.ne.jp/~hotta/bbb/
[PR]
by bbbrothers | 2006-10-21 10:41 | ちょいとびっくり