カテゴリ:hoppyの観光案内( 20 )

秩父吉田町の龍勢(りゅうせい)祭り  観光案内その16

毎年10月の第2日曜日に開催されることとなった秩父吉田の椋神社「龍勢(りゅうせい)祭」。今年は来週11日が開催予定である。久しぶりに行ってみようかと思ったが残念ながらシゴトがはいっていた。

この椋(むく)神社は革命マニアには有名、明治の自由民権運動で秩父困民党が蜂起した地でもある。

c0018561_2321185.jpg
さてこの「龍勢」というのは長さが10m以上ある巨大なロケット花火で、戦国時代から地元の人たちが手作りで作ってきた。その「龍勢」を順に次々と打ち上げるのが年に一回の「龍勢祭り」。チームごとに高さや距離を競う。
c0018561_23211876.jpg


昼花火で、山すそに設置された打ち上げやぐらが正面に見える位置が見物の人気スポット。朝から村人が花見のように場所取りをして、家族や近所の人と繰り出して弁当や酒を持ちこみのんびりと秋の秩父を一日楽しむ。露天もたくさん出て結構な賑わいである。

この祭の最大の面白さは、打ち上げ失敗だ。
煙の尾を引きながら垂直に高く上がれば大成功であるが、見当違いの方向に突っ込んでしまったり、ほとんど高度が上がらず落下したり、やぐらから飛び立たずそのまま暴発したり、失敗が多い。半分くらいは失敗なのではないだろうか。数年前には観客に花火の破片が飛び込んで怪我人がでたというほどだ。
これだから見物人は一つ一つを応援し、喝采し、落胆し、笑いあう。失敗したチームは本当にガッカリしている。

打ち上げるときのいちいち長々とした説明=口上がまた面白い。この花火は奉納神事で、さまざまな願掛けがなされていて、町の名人らしきが朗朗とラウドスピーカーで代読する。家内安全、商売繁盛、結婚祝い、合格祈願、子宝祈願、なんでもありで、なかには世界平和など壮大な願掛けもある。また花火のスポンサーも紹介される。地元のなんとか新聞店とかなんとか家電とかローカル色が楽しい。一方ときどき大企業名があったりすると興ざめである。

この秩父の吉田町、龍勢祭りの日は最寄の駅まで臨時バスが出たりするがかなり不便な地である。電車バスでいく場合は時間を詳しく調べた方がよい。 

*秩父吉田町だけかと思っていたが静岡や滋賀にも「龍勢」があることを知り楽しみが増えた。誰かを誘って出かけようと思う。
c0018561_23204434.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2009-10-03 23:21 | hoppyの観光案内

川原湯温泉  観光案内その15

やんばダム
「八ツ場ダム」とかいて「やんばダム」と読む。民主党のマニフェストに建設中止が盛りこまれているため話題になっている。

川原湯温泉
数年前、このダムが完成すると水没するという川原湯温泉に行ってみた。ダム本体はまだ着工していないので静かな温泉街情緒は昔ながらだ。無色無臭の切れのよい泉質はしっとりと身体に滲みてまさに名湯である。外湯がいくつかあって私はその中の「笹湯」が気に入った。
この坂道をだらだらと上がると温泉街である。
c0018561_22202479.jpg


みよしや敬業館とムササビ
c0018561_22253360.jpg

このときに泊まったのが「みよしや敬業館」だが300年の営業をついに終了した。
c0018561_22204887.jpg
わたしはこの部屋に宿泊した。
c0018561_2221344.jpg
宿の露天の檜樽風呂に浸かっていると頭上の枝をムササビが何度も行き来した。樹上に餌台がこしらえてあるのだ。まさか本当に来るとは思ってなかったので得をした思いだった。ムササビは想像よりとても大きくてシッポの先まで入れると1mくらいありそうだった。
c0018561_2221546.jpg

内湯は美しいタイル張りでガラス越しの光がきらめいて清清しかった。お湯はかなり熱くてホースで水をじゃんじゃんいれた覚えがある。

ダム反対運動

ダムの計画が決まったのは50年も前だそうだ。その後、この川原湯温泉でも激しい反対運動が展開した。一糸乱れぬ住民闘争はたびたび報道でも紹介され、いくつもの工事差し止め訴訟も起こされ、国会でも議論されたが着々と付帯工事は進められていった。
私が行ったときにはすでに、国道やJR線の付け替えルートが山肌を縫っていたし、小学校や公民館も別の場所に真新しく建っていた。川原湯温泉の代替地らしき空き地には新川原湯温泉という看板がたっていた。
c0018561_22243752.jpg
c0018561_22303353.jpg



移転
反対で一致団結していた住民も補償交渉が進むうちに次第に移転に応じるようになり、2002年に最後の協定が結ばれ反対運動は消滅した。いよいよ本体工事が始まるということだった。村外に出て行った人も多かったらしい。
当時の反対運動を偲ばせる文字、廃業した食堂、集落を離れた人の住宅の土台などの写真を撮ってみた。
c0018561_22232211.jpg
c0018561_22234147.jpg

c0018561_2224030.jpg


政権交代
今回の政権交代でこのダム工事は中止という話になっている。川原湯の人々の心中を想像するとまったく気の毒である。悔しい中で移転を選択せざるをえなかっただろうし、そして気持ちを切り替えて移転先での新生活へ向かって歩み始めたところだっただろう。
住民はこの10日、今度は「ダム推進協議会」を立ち上げるようである。
[PR]
by bbbrothers | 2009-09-07 22:31 | hoppyの観光案内

「東京湾観音」・・・ほっぴいの観光案内 その14 

c0018561_2321188.jpg
久しぶりの観光案内、今回は房総富津の「東京湾観音」をご紹介しよう。

アクア・ラインの割引利用で東京城西や神奈川の人たちには憧れの観音さまがすぐソコになった。公共交通でお参りする場合の最寄り駅は内房線佐貫町。1時間に1本程度の本数だ。駅から路線バスもあるようだが1日3本程度だから思い切って歩くことをおすすめする。1時間くらいで着くだろう。

山道をうねうねと登っていくと突然、目の前にどどーんと神々しいお姿が現れるのは感動的だ。白くすっくとお立ちのコンクリ姿がまことに優雅で美しい。
残念なことに1962年の建立以来、あまり人気が無いスポットだが、実は魅力にあふれている。

c0018561_23222153.jpg
観音さまの足元に立つと、高さ56m内部階段314段というスケールの大きさを実感できる。斜めの部分は観音さまの裾である。


c0018561_2323317.jpg
肩のあたりが15階、目の高さで18階、頭頂部が20階。途中に神仏がつぎつぎ出現。といっても全体的には殺風景な印象。

c0018561_2324289.jpg

うへぇ~エレベーターないんだ・・・・と思うだろうが、せっかく来たのだから胎内に入ってほしい。裏手が入口になっていて拝観料500円。

c0018561_23242415.jpg
中は緩やかな螺旋階段になっていて「歩きやすい階段ですからご安心ください」との掲示。確かにラクチン、設計がいいんだろう。

c0018561_2325118.jpg
さてまず1階では不動明王が邪心を祓ってくれて、2階では文殊菩薩が頭を良くしてくれる。3階からは恵比寿から始まる七福神ゾーンで、商売繁盛、五穀豊穣、芸技上達、長寿延命、福運来訪、ご利益のオンパレード。

c0018561_23253056.jpg
小窓がたくさん開いていて東京湾が眼下に、富士が正面にという絶景。

c0018561_23262020.jpg
8階から菩薩シリーズでありがたさがレベルアップする。12階には聖徳太子、聖母マリアも待ち受けてくれているから、いくら賽銭があっても足りない。13階、ついにご本尊の救世観音に到達。世界平和を実現してくれるそうである。

c0018561_23264018.jpg
こんな表示でいまどこにいるか分かる。

c0018561_23274666.jpg
ときどき外に出られる場所があって狭いカゴみたいになってる。絶景だがあまりの高さで足がすくむ。

c0018561_23283492.jpg
外から見上げるとアソコ。

c0018561_23291221.jpg
この先はついに如来ゾーン。突然、階段や通路がすれ違えぬほど狭くなる。観音さまの首にあたる場所に到達したからだ。
c0018561_23293843.jpg
混雑したら上にも下にも進めずに間違いなくパニックになるが人気が無いから安心だ。

c0018561_23302947.jpg
顔、そして額と身体を折り曲げて上がっていくとついに行き止まりの20階。見事なほどに陳腐。このあたりでも外に出られる場所がありサービス満点の構造だ。

c0018561_23312599.jpg
観音さまの影、 あごのところの白い屋根がワタシの車。

c0018561_2333506.jpg
あちらこちらの貼り紙にも含蓄あるおコトバ。

というわけで一度登るだけでご利益・ご加護・厄除け・罪滅ぼし・懺悔・清めができるスーパーありがたスポットである。

c0018561_23315494.jpg
こちらは建立者の材木商、宇佐美政衛氏。建築中の様子。

c0018561_23323279.jpg
裏から見ると小窓がたくさん。
[PR]
by bbbrothers | 2009-05-09 23:36 | hoppyの観光案内

鶴見線「海芝浦」駅・・・ほっぴいの観光案内 その13

今回は東京近郊の地味スポット、関東ネタで申し訳ないがJR鶴見線の「海芝浦」駅。「改札から出られない駅」として鉄道ファンに有名だ。

この鶴見線、鶴見駅が起点で行き先が3つに分かれ、その一つが「海芝浦」駅である。
c0018561_214119100.jpg

工場に通勤する人のために走っているので、昼間は「扇町」行きと「海芝浦」行きが1時間に1本程度、「大川」行きは夕方までない。

お正月休みにぶらっと行ってみた。

14時ころ鶴見駅に到着、「海芝浦」行きの発車時刻は14時30分、「さぼてんのカツ弁当」と黒ラベルロング缶を調達
c0018561_21414141.jpg


14時30分 予定通り発車 工業地帯を縫っていく。途中様々な線路が入り乱れているのは工場への引込み線。貨物列車はたくさん走ってるらしい。
c0018561_21424648.jpg
いくつかの駅を過ぎ運河沿いに少し走ったらもう終点、7分で「海芝浦」駅に到着。休日のためかモノ好きが何人か一緒に到着。
c0018561_21421269.jpg


ご覧の通りホームの横は海(京浜運河)。海に近い駅としても知られていて釣竿を出せば魚が釣れるに違いない、予測ではハゼ、アイナメ、カレイ、ボラ・・でも「釣り禁止」って書いてあった。

さて行ってみたら「改札から出られない」のではなくて「改札がない」。そのかわりに東芝工場の通用門になっていて東芝に用事がないと守衛さんが入れてくれないということだった。
c0018561_21431018.jpg


でも横っちょの運河沿いに細長い植え込みがあってベンチに腰掛けながら海を見ることができる。ここは広々と見晴らしがよく絶景スポット。
c0018561_21434177.jpg

ぷわーんと警笛を鳴らし乗ってきた電車が一緒に来た人たちと戻っていった。
それを見送って次の電車までお弁当とビールでのんびりすることにした。風が無く日差しが暖かかった。
c0018561_2144135.jpg


30分くらいするとゴトゴトと次の電車がやってきた。あ、改札口はないがSuicaの機械があってこれで出場と入場の記録をしないと降りるときにビーってなっちゃう。鶴見線には改札がない駅が多い
c0018561_21444577.jpg


15時45分、鶴見に向けて出発、7分後にはもうシャバだ。

というわけで「海芝浦」駅、のんびりできました。

おまけ:海芝浦駅の線路脇にあったカエルの標識、何だと思います?
c0018561_2145982.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2009-01-20 21:46 | hoppyの観光案内

「工作船展示館」・・・ほっぴいの観光案内 その12


c0018561_1215256.jpg
今回おススメは横浜の「工作船展示館」、赤レンガ倉庫の隣というウオーターフロントのオサレなスポットにあって、デエトにぴったりのロケイション。きっと彼女もうっとりとキミに身を任すにちがいない

入場料がなんと無料! 2人で入場しても、10人でも100人でも103人でもタダであるから素晴らしい。でも海上保安庁の施設だから結局ジブンの税金でやってるんだけどね。

で中に入ると奄美西方沖の海底から引き上げられた「工作船」がデーンと鎮座している。ブリッジ付近の鋼板を穿つ無数の穴ぼこはワガクニのジュンヨーカンが行った「正当防衛攻撃」の的確さを示している。この船、後ろのハッチが大きく開いて「超高速ちび工作船」が出現したり、特殊な仕掛けもあってなかなか侮れない。かつて何らかの武器(14.5㎜対空機関銃と推定)が装備されていたのかもしれない装置もあるぞ。甲板に82㎜無反動砲の鋼製格納や使用する際の固定台かもしれない円柱もあるぞ。

船以外に攻撃実写ビデオ、写真パネル、証拠物の展示があり「うーむ、コレは間違いなく、あのメタボの偉大なる首領さまがワガクニを攻めてくるために秘密裏に送り込んだ、とてーも怪しくて怖くて悪い船なのだな・・そして今も拉致もたくらんでいるのだな」と誰もが感じるであろう。

では見学のポイントを展示の説明からピックアップしてみよう。

●2001年12月、ワガクニのジュンヨーカンは東シナ海を行くこの船に停船命令を出しましたが逃げまわりました。そこで空や水面にでなく船体に直接、銃を撃ち込むことにしました。これはワガクニが先に撃ったけど決して「先制攻撃」ではありません。「威嚇」であります。
c0018561_126333.jpg


●するとこの怪しい船は火事を起こして動けなくなりました。ワガクニが「攻撃」したからではありませんよ、ワガクニは「威嚇」をしただけです。

●ジュンヨーカン数隻で取り囲み乗り移ろうとしたら何とパンパンと撃ってきたのでワガクニは一気に攻撃に転じました。これはまったくの「正当防衛攻撃」であります。現にワガクニの船に弾が当たったし怪我人が出ましたっ。

●その数分後、なんとその船は勝手に「自爆」し沈んだのです。決してワガクニが「撃沈」したのではありません。乗組員は何人かわからないけど全員死んだと思われます。6人が漂流してましたが見失って救助できませんでした。見殺しにしたわけではありませんよ。あとで遺体や骨が回収されました。3人が溺死、あとはよくわかりません。
c0018561_1271584.jpg


●1年後、この船と様々な残留物が海底から引き上げられました。やっぱりね!銃器には偉大なる首領さまの国の製造と「推測」されましたし、偉大なる首領さまの国でも使われている文字が刻まれた機械や煙草のパッケージや菓子袋、 そして「首領さまバッチ」も1個みつかりましたっ! ほうら、これは間違いなくあの偉大なる首領さまの悪事に違いません。あと小さい声で言いますが実はワガクニ製のケータイが見つかりました・・・・・
c0018561_1263380.jpg


●展示コースのほうに小さく新聞のコピーが張ってあります、これは見なくていいです。実は、引き上げられたケータイを調べてみたら、ワガクニのマル暴に頼まれて覚せい剤を運んでいる密輸船だったようです。ケータイの契約者はマル暴の組長とともに2006年に別の覚せい剤密輸容疑で逮捕されました。

c0018561_122395.jpg
●もうひとつ、展示されている事件発生海域の地図に逃走・追跡コース、が細かく示されていますがこれもよく見ないでください。
本事件の発生海域はワガクニの領海ではなくどんな船も自由に航行できるゾーンではありました。しかしワガクニの「経済水域」ではありまして「密漁船」ならば停船命令を出して調査することが出来ます。従ってもちろんワガクニとしてはこの船を「密漁船」と疑い事態に臨んだのであります。米軍から防衛庁へそして我々に出動命令が来ましたがあくまでも漁船の捜査だったであります。
それから「正当防衛」攻撃した場所は中国の経済水域内でありますがこのこともあまり深く考えないでください。

●いっておきますがワタシは偉大なる首領さまの手下ではありませんしカクセーザイも取り扱っておりません。

参考 http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/news/h14/fushinsen/030314/index.html
[PR]
by bbbrothers | 2008-12-06 11:58 | hoppyの観光案内

ニッチツ鉱山・・・Hoppy観光案内その11

紅葉シーズンにおすすめな日窒鉱山村、現在の正式な名前は「株」ニッチツ秩父事業所。
一部は稼動しているが道路沿いは廃屋の町並みとなっている。
大変な山奥で道中は携帯の電波も届かない。曲がりくねった林道を油断して走っていると10tダンプが突然に現れるから運転には要注意だ。途中にダム工事箇所もあり、工事車両が多い。工事用の迂回路も多くて迷いやすいので時間に余裕を持って目ざしたほうがいいだろう。
これは数年前に撮った写真、久しぶりにまた行って見ようと思う。
ところで、どこも私有地であるから基本的に立ち入り禁止である。行く人は以前書いたブログを参考にして欲しい。http://bbbrothers.exblog.jp/8985381/
c0018561_20174092.jpg
c0018561_20175689.jpg
c0018561_20181113.jpg
c0018561_20182992.jpg
c0018561_20183823.jpg
c0018561_20184926.jpg
c0018561_2019073.jpg
c0018561_20191051.jpg
c0018561_20192170.jpg
c0018561_20193132.jpg
c0018561_202034.jpg
c0018561_2022277.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2008-09-09 20:23 | hoppyの観光案内

廃墟へ行く人へ

c0018561_21502394.jpg
廃墟には独特の魅力がありひきつけられます。
でも廃墟見物や撮影のために廃屋、廃校舎、廃工場、廃病院などに入りたいと思っているかた、あるいは入ったことがあるかたに、ぜひ知っていてほしいことがあります。

① 無断で立ち入ることはそこが空き地であったとしても「不法侵入」にあたります。

② レトロなものが落ちていたりします。でも記念に拾って持ち帰るとそれは「ドロボー=窃盗」になります。

③ フェンスを破って入ったり、入口をこじ開けて入ったりすると「建造物・器物損壊」になります。ただでさえボロボロですから触っただけで崩れるものばかりです。

以上は法的に「犯罪行為」となるというハナシです。

④ 建造物は当然老朽化が著しく、特に階段は腐っている場合が多いです。踏み外さなくても落下事故の可能性が高いです。また床が抜ける場合も多くて大怪我の恐れがあります。

⑤ ガラスが散乱していることが多く転倒が思わぬ重傷となります。もちろん落下もあります。

⑥ 廃工場、廃病院には思わぬ危険物、特に劇薬や爆発物などが散乱、放置されていることがあります。

以上は怪我です。命にかかわることもあります。

⑦ おびただしい虫に襲われたことがあります。マムシや蜂も恐ろしいものです。また野犬は極めて凶暴です。

⑧ もっと怖いのは人です。事情があって住人が潜んでいるケースです。突然出くわしトラブルとなることがあります。

以上は危険な相手です。

廃墟はとても危険なものなのです。上のことはどれも忘れないでほしい事柄です。
c0018561_21504180.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2008-06-04 21:51 | hoppyの観光案内

四万温泉のスマートボール

久しぶりの観光案内です、今回は群馬県四万温泉。
さて、ご覧のような風情あふれる温泉街

c0018561_2251391.jpg
これはやるしかありません
c0018561_22512880.jpg


45球で300円 いい台を選べばガラスが覆われるまでの出玉に恵まれます
c0018561_22514377.jpg


スマートボールに飽きたらなつかしのパチンコ機種も打てます。
c0018561_22515989.jpg


景品も充実、お通夜の写真ではありませんよ。
c0018561_22521365.jpg


サービス満点のおかみさん、お茶を出してくれる、かりんとうを出してくれる、お代わりもくれる でお喋りサービスでも満腹にしてくれます。
c0018561_22523988.jpg


帰りにはティッシュをくださります。
c0018561_22525454.jpg


どうぞ一度足をお伸ばしくださいませ

おまけ:
四万温泉は南北に長くて温泉街が3箇所にわかれております。車でないと回れません。無料の公衆浴場が数箇所あり、キレのよい無味無臭の源泉掛け流しが楽しめます。
旅館のお風呂なら積善館の明治湯が実に美しくお試しあれ、真ん中のエリアです。
c0018561_22531016.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2008-04-22 22:54 | hoppyの観光案内

ちと怖い「広場」   hoppy観光案内その10

c0018561_1114538.jpg
この光景は思い出してもゾッとする。

去年の夏、たまたま通りかかった道路わきの一区画、新潟県津南町の「津南町歴史民族資料館」の北に隣接する空き地だ。

あたりは田園が広がる穏やかな農村で、この空き地は巨木の木立に囲まれた美しい空間。なんとなく足を踏み入れてみた。

空き地の縁をぐるりと巡る水路には、湧水と思われる美しい水が滔滔と流れ、覗くと水藻がキラキラと揺らいでいる。
あれ? 水量が豊かで流れが速いために水路の曲がり角から水があふれ出ていた。だからあたり一面が湿地のようになってしまい、写真のブルーシートや古絨毯はそのぬかるみに誰かが敷いたものだ。

向こう側に行ってみると、ぬかるみに取り囲まれた平屋の廃屋があった。つい最近まで人が住んでいたように生々しい。
手前には大きな農家があってこちらは人が住んでいるようで中からテレビの音が聞こえてきた。その建物の土台は周りより少し高いのだがここにも水がゆっくりと迫っていた。

よくみるとこの空き地には、何棟もの家の土台が残っていた。建物はみんな消えている。

いつから水があふれ始めたのだろう。この美しい水が、何百年も続いてきただろう人々の暮らしを、真綿で首を絞めるようにゆっくり殺し続けているみたいで、ああ、怖い。

場所は資料館を目安にするとわかりやすい。ぜひご高覧をば。
c0018561_11153425.jpg
c0018561_11155796.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2007-09-01 11:19 | hoppyの観光案内

みたままつり on 靖国神社

7月14日、「見世物小屋」を見に靖国神社の「みたままつり」に行った。
大雨でサーチライトがレーザーのようで綺麗だった。
c0018561_21231596.jpg


バンドも入って賑々しく小屋が開演しているのを確かめてから、見物前にちょこっと境内に出ている屋台で呑んでると、なんと「見世物小屋」が早々と閉まってしまった。

ごるぅぁ!!  まだ20時前、なんたることかーっ!(怒)

この日は台風が上陸して人出も閑散、客もほとんど居なかったのは事実であるが、閉めるとは全く根性がなさ過ぎる。

この写真も呑む前に入り口で撮った2枚だけだ。
c0018561_21243662.jpg
c0018561_21244895.jpg



ところで入り口にいたネエチャンにどこかで見たことがあると思って尋ねると、彼女たちは劇団「デリシャス・ウィートス」。
この「見世物小屋」は入方勇氏がデリシャスとタイアップして公演しているものであった。

ところでどうでもいいのだが、デリシャスの舞台で踊らされたことがある。歌舞伎町グランドキャバレーニュートーキョー公演だ。その舞台での私の画像を偶然ネットで目にしたときの罰の悪さは、男子中学生が隠していたエロ本を母ちゃんに見つかったときのようだ。

入方氏はつい先日も「水族館劇場」公演でカッパを演っていた。

彼が数年前新宿花園神社で「月蝕歌劇団」とタイアップした「見世物小屋」公演もたまたま私は見た。

なんだか彼に憑付かれたようだ。

しかし入方よぅ、オマエもなんとか「見世物小屋」を残そうと頑張っているよな、たいしたもんだ。
でも一人じゃ無理だよな、大家族制でやってこれた芸能だしな・・

「大寅興行」も「おみねさん」が頼りだからもう長くは無理だよな・・呼び込みの口上、看板書き、これも見事な民衆文化財だと思う。俺は小沢昭一氏が苦労して集めてくれた記録音源を発売と同時に買った。

さて今回、見逃したのはどちらかというとアングラ劇団によるRIMIXというかリニューアルアレンジ 本物をみるチャンスは次回8月、麻布十番祭だ。でも出るかどうかはよくわからない。ヤブとよばれる「お化け屋敷」かもしれない。

でも楽しみだ。
[PR]
by bbbrothers | 2007-07-23 21:27 | hoppyの観光案内