カテゴリ:戦争と平和( 12 )

やっぱりね・・・・前にも言ったけど

c0018561_19123887.jpg
13日の報道

「世界保健機関(WHO)と新型インフルエンザのワクチンを製造する製薬会社との癒着が、世界的大流行(パンデミック)を宣言したWHOの判断に影響を与えたとの疑惑が浮上し、欧州47カ国が加盟する欧州会議(本部・仏ストラスブール)は12日、調査を開始すると発表した。同会議保健衛生委員会の委員長で、感染症を専門とするドイツ人医師ボーダルク氏が「虚偽のパンデミック」との動議を提起したことが発端。仏リュマニテ紙のインタビューに 「こんな厳戒態勢をとる正当な理由がない。WHO内のあるグループは製薬会社と癒着している」と、不透明な関係の存在を指摘した。」

日本のオヤクニンは、そのことは知らずに、組織と自己の保身のためにイイワケとアリバイづくりが熱心。

ワクチンの副作用で相棒がとんでもないことになった、どうにかしてくれ。

c0018561_19131214.jpg
c0018561_19132269.jpg
c0018561_19133141.jpg

c0018561_19142968.jpg


今日の報道で「輸入ワクチン」もOKにすることになりました。
イギリスとスイスのメーカ製品です。両メーカとも在庫を抱えて困っているようです。

前にも言ったのというのはこちらです
http://bbbrothers.exblog.jp/12380321
[PR]
by bbbrothers | 2010-01-15 19:14 | 戦争と平和

天皇在位祝賀イベント

c0018561_21402770.jpg
近々、20周年記念の「有志」イベントが予定されていて、EXILEが天皇在位を祝う歌を歌うようだ。
この日が休日になるのでは・・という噂もあったが鳩山政権になったのでお流れなのだろう。

10周年のときはYOSHIKIが歌ったそうだが、それについて東大のセンセたちが書いた公開質問状を紹介する。
要するに
「ロッカーたるもの、天皇制の人寄せパンダに利用されていいのか?」
という内容だ。

このイベントは「有志」主催だから、やるのも勝手、行くのも勝手である。
そのイベントをよく思うも悪く思うも勝手だし、無視するも勝手である。
特別扱いする必要は全くない。



以下、長いから半分ほどに抜粋

「YOSHIKIさんへの公開質問状」1999年11月11日  東京大学教員有志 

(略)YOSHIKIさんも、やはりかって「X-JAPAN」の「動員力」を評価されて、選抜されたのではないでしょうか。権力を持つ人たちの、こうした身勝手な姿勢にロック・ミュージシャンとしてのあなたが、やすやすと応じていいのでしょうか。それはあなたの楽曲や、元「X-JAPAN」の演奏を愛し、声援を送りつづけて来た多くのファンを裏切ることにならないでしょうか。なぜなら、あなたがこの「式典」に利用されることは一人一人のファンの個別性を消してしまい、「動員」ができる数として天皇に「奉る」ことになるからです。あなたが「奉祝曲」を作曲し、演奏することは、以上のような意味を持つと思うのですが、いかがでしょうか。

 YOSHIKIさんは、このような「式典」で、なぜ「奉祝曲」を自ら作って演奏なさるのでしょうか。それに「奉祝曲」の作曲と演奏は、ほんとうにあなたの自発的な意思なのでしょうか。たとえばSPEEDやGLAYのメンバーは、事務所を通して来た「式典」への出席の依頼を断る自由を持っているでしょうか。たとえ本人からではないにしても、「天皇からの依頼」と事実上言わざるをえない出席要請を断ることはこの国では大変勇気のいることです。このような、自己選択権が奪われた場で「奉祝曲」を演奏することはロック・ミュージシャンであるあなたの精神と生き方への裏切りになるのではないでしょうか。

[PR]
by bbbrothers | 2009-11-10 21:50 | 戦争と平和

幸福とはつまり・・・

幸福とは、生活のなかで常に恐れる必要がないことである。

朝、店を持っている人がシャッターを開けるとき、政府軍や反逆軍、あるいは飢えた難民が略奪に来るとは考えもしない。

街を歩く人が周囲を警戒していつもリュックを両腕で抱えている必要がない。

家で眠る者は熟睡することができ、目覚めたとき家が壊され、家具がゴミのように街へ捨てられると心配しなくてもよい。

お店で粉ミルクを買った母親が、粉ミルクが偽物で、赤ん坊が飲んだら死ぬかもしれないなどと考える必要はない。

度の強い安酒を買う老人は、偽酒をつかまされ、その成分によって失明してしまわないかと心配する必要がない。

一人で通学する小学生は自分が誘拐されないように四方に注意を払う必要がない。

川で漁をする人が、網を広げて水に投げ入れるとき、水の中に重金属が含まれ、魚が数年のうち死滅するなどと考える必要はない。

街をふらつく者は、警察らしき人などが近づいてきた途端、自分が逮捕されるのではないかと慌てる必要がない。

逮捕された人が警察署を見て卒倒することはない。弁護士や法律が彼の基本的人権を守ってくれることを知っているからである。

既に投獄されている人は、社会に忘れ去られ、歴史から抹消されることを恐れる必要がない。

役所で用事を済まそうとする一般市民は、侮辱を受ける心配をする必要がない。

冷え冷えとする秋の夜長に本を読む者は、外が突然騒がしくなり、門が叩かれ名前が叫ばれ、大きな災難が降りかかると思い、全ての原稿を燃やす必要はない。

投票にいく人は、政府が票を操作し、大統領が不正をするなどと心配する必要がない。

幸福とは、政治家が暗殺に恐れたりすることもなく、抗議する人が弾圧を恐れたり、金持ちが誘拐を恐れたり、貧しい者が仕事の機会を奪われることを恐れたり、中産階級の者が流血革命を恐れたり、一般市民が指導者の一言で明日戦争がおこるのではないか、と恐れたりする必要がないことである。


この文章は2005年02月11日付「中国時報」(台湾の新聞) の記事で、知人の中国語教師が翻訳教材として使ったものです。
気にいったので転載しました。

[PR]
by bbbrothers | 2009-07-02 08:44 | 戦争と平和

「南洋土人」

ワタシはこのことばが好きなのだが、使ってはイケナイといわれて久しい。
ときどきバンドの練習で「南洋土人の感じで・・」なんて言うとメンバーが「コラコラ、こうせい君・・・」と指導をイれてくれる。

今日ある本を読んでいて、ご存知「水木しげる」さんが次のように書いていて、溜飲が下がり膝を打つ思いだ。

“土人“という言葉はことばは侮蔑的な意味で使われることが多いということだが、ぼくは、彼らを、文字通り、土とともに生きている素晴しい“土の人“という尊敬の念で“土人“と呼んでいる。

本当は現地人の村と書かねばならないが、家が5,6軒で村では感じが出ないので、あえて“土人部落”とする。別にばかにしているわけではない。むしろ尊敬しているのだ。


水木しげるさんは想像を絶するまさに地獄絵の戦場で片腕も失ったが、「兵士」にならず「人間」を貫いた立派な人だ。
頻繁に兵営を抜け出して“土人部落”で楽しく過ごし、帰るといつも古兵からビンタを喰らいつづけた。そんなのは大したことではない、と水木さんは語っている。

戦場で書いた貴重なスケッチとともに水木さんの話しをきけるこの本はおすすめだ。

「水木しげるのラバウル戦記」ちくま文庫
c0018561_1850152.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2009-02-18 18:54 | 戦争と平和

ヌートリア


c0018561_20203062.jpg
ヌートリア(Myocastor coypus)は60センチもある巨大なネズミで中国地方、特に岡山県の水辺に多数生息しているそうだ。
1939年(昭和14年)、軍服の防寒毛皮用にフランスから移入され飼育が奨励された。その結果1944年には4万頭も飼育されていたという。
しかし戦争が終り養殖施設は廃業、一部が逃げ出して繁殖した。戦時中の日本では軍の「勝利」にひっかけて沼狸(しょうり、ぬまたぬき)と呼ばれた。
1950年代にも毛皮ブームで飼育が流行したがその後の価格の暴落に伴い、このときも多数が野に放たれた。
年に1・2回、5匹程度子供を産み寿命は5~8年程度。水生植物の茎などを食べて生活するが、農作物を荒らすため毎年数千匹が捕殺されている。
[PR]
by bbbrothers | 2009-01-15 20:21 | 戦争と平和

「俺は、君のためにこそ死にに行く」

4月25日の全国紙夕刊に掲載された東宝映画の全面広告「俺は、君のためにこそ死にに行く」
現職都知事のイシハラシンタローが総指揮・脚本ということで「青春を迂闊に過ごすな、鮮やかに生きろ」と言ってました。
この映画は特攻隊の映画だから、「鮮やか」というのは国のために死ぬということらしいですね。シンタローはミシマユキオみたい、なら、ミシマのように勝手にしたほうがファンタスティック。

「国」とか「政府」とかはアイテムなのであって、そのアイテムのために死ぬというのは完全なる本末転倒ですよ。そんなことは「社会契約説」としてずーっと昔に確立され、それによって全世界がなんとかこれまで発展してきたはずです。このおかげでシンタローも存在できているわけで、シンタローは天に唾しています。

愛するもののために死にたいという気持ちは全く正しい、死ぬかどうかは別にしてね。そういう気持ちに誰でもなることがあります。
でもね、それが単なるアイテムである「国」とか「くに」とかの為?これは巧妙なすり替えです。
真心の悪用だとも思います。

音楽は国境が関係ないから、ミュージシャンはこういうカラクリにだまされませんよ。


おしまい。
[PR]
by bbbrothers | 2007-04-25 19:56 | 戦争と平和

「やません」

c0018561_1318591.jpg京都宇治を訪ね山本宣治(やまもとせんじ)の墓を見てきました。今でも地元の人から敬愛されていて「やません」と呼ばれています。

「やません」は明治から昭和に生きた左翼活動家で39歳のとき帝国議会議員に唯一のマルキストとして当選するも、翌年に暗殺されました。

もともと園芸家を目指していた彼は、庭師に弟子入りしたりカナダに園芸留学したりするうち動物学の勉強を始め、帰国後28歳で東京帝国大学に入学しました。



c0018561_13204120.jpg卒業後、来日したマーガレット・サンガーの通訳をしたことを契機に「産児調節運動」に取り組みました。日本で始めて性教育を行ったとも言われています。これは当時の国家政策「産めよ増やせよ」に真っ向から対峙するもので、女性が自分の意思で避妊できるようにという女性解放運動でもありました。この時期には来日中のアインシュタインとも面会しているようです。そういえば「手淫」という言葉を「自慰」に変えて少年たちを罪悪感から救った(笑)のも「やません」だそうです。

その後、貧しい人々の生活改善をめざす活動に心血を注ぎ、弱きを助け強気をくじく大奮闘で官憲とも戦う日々をおくりました。

帝国議会では、警察による拷問の真相究明や治安維持法反対に取り組みましたが、宿泊中の旅館で来客を装った軍国主義者に刺し殺されました。「やません」39歳でした。このあと日本は戦時体制へ突き進んでいきます。

c0018561_13312113.jpg墓の裏に、大阪農民大会での演説の一部「山宣ひとり孤塁を守る。だが私は淋しくない。背後には大衆が支持しているから」という刻文が刻まれています。これは戦時中、何度も何者かによって削り取られたそうです。今ははっきり読めます。

「やません」については taroさんの「クリック20世紀」が分かりやく紹介してくれています。以下、エピソードをひとつ引用させていただきます。
http://www.c20.jp/p/ysenji.html

>ヤマセンもいいが、ヤマセンの両親も魅力的。父亀松は家族ももてあます極道者。大津では「泥亀」とまで言われた。それが25歳のとき、宣教師に救われ入信。以後、模範的なクリスチャンとなり、教会発展のために尽力する。母多年(たね)は京都の老舗足袋屋の長女で、有名なハイカラ娘。家業が傾くと、自ら毛糸店を設立して切り回すしっかり者でもある。このハイカラさんがやがて教会に出入りするようになり、そこで今は熱心に布教の手伝いをする亀松と出会い、恋に落ちた。ヤソには娘はやれぬ。多年の父の大反対にもかかわらず、二人は式を挙げる。生計を立てるため、牧師さんの勧めでわずかな資金をもとに、アメリカから輸入したアクセサリーや化粧品を売る店を新京極にオープン。その名は「わんぷらいすしょっぷ」。「まけぬといふたらほんまにまけぬ」という大看板を掲げ、「日曜日は安息日として休業します」という札を出すこの風変わりな店は、着倒れ京都の娘さん、若奥さんたちの間で大ブレークした。ヤマセンが生まれるのはこの少し後のことである。<
c0018561_13213487.gif

この宇治山宣会は「やません」を伝え顕彰する活動を行っているそうです。
[PR]
by bbbrothers | 2007-01-08 13:33 | 戦争と平和

エンジンのカケラ

c0018561_179558.jpgこの写真の電池の左に写っているのは熊野灘の海底からひきあげられた「第五福竜丸」のエンジンの破片。
このエンジンが東京へ運ばれる途中のいくつかの町で一定期間展示された。
三崎港に来たときに私が見に行くとすでにぼろぼろで崩れ続けていた。
この破片はそのとき私が拾ってきたものである。

手のひらに載せると何かを語りかけてくる、そんな気がいまもする。


私たちの世代はよく知っている「第五福竜丸」。子供の頃、雨が降ると、放射能でハゲると頭を隠したものだ。

この船は1947年に和歌山県の古座という町でカツオ漁船「第7事代丸」として進水、のち静岡焼津に売却されマグロ漁船に改造されて「第五福竜丸」となった。
そして1954年、ビキニ環礁付近で操業中にアメリカの水爆実験で被爆、1名が半年後に死亡、ほかの乗組員たちも長期にわたり放射能障害に苦しむこととなった。この実験ではもちろん第五福竜丸だけでなく夥しい船舶やマーシャル諸島住民が被爆した。

やっとの思いで母港の焼津に戻った「第五福竜丸」は政府により買い上げられることとなった。さまざまな調査や放射能除去作業後に再改造され「はやぶさ丸」と改名し、東京水産大学の練習船となった。しかし1967年についに廃船となり解体業者に売り渡され東京夢の島に捨てられた。

捨てられている船が「第五福竜丸」であることを発見した都の職員、ジャーナリストや市民による保存運動が身を結び1976年に保存館が開館、いまではたくさんの人が訪れている。

ところでエンジンは1967年の廃船の際に別の船主に売却され「第三千代川丸」という船に取り付けられ第2の人生を送ることとなった。ところが「第三千代川丸」は1968年7月、三重県熊野灘沖で台風により座礁・沈没、船体はばらばらに、エンジンも海中に没してしまった。

しかし1996年、28年ぶりにエンジンが海中から引き上げられ、各地をリレー展示しながら東京の福竜丸展示館に運ばれた。

数奇な運命をたどった船とエンジンである。

ところで水着の「ビキニ」はこの原水爆実験場であったビキニ環礁からつけられたそうだ。
原爆のようにインパクトがあるということだったらしい。
[PR]
by bbbrothers | 2006-12-25 17:10 | 戦争と平和

北朝鮮の核実験

北朝鮮の核実験はメディアで大きく取り上げられています。
一方、アメリカの核実験は今年すでに2回実施されていますがあまり知られていません。
8月の核実験に対する長崎市長の抗議文全文をご紹介しましょう。


2006年8月31日  
アメリカ合衆国大統領
ジョージ・W・ブッシュ閣下

長崎市長 伊藤一長

 

  本日、貴国がネバダ核実験場において、23回目の臨界前核実験を実施したとの情報に接しました。被爆都市長崎からの、再三にわたる中止要請と抗議を無視し、貴国が臨界前核実験を強行したことに対し、ここに厳重に抗議します。
  長崎市は、去る8月9日に61回目の原爆犠牲者慰霊平和祈念式典を行い、原爆犠牲者を慰霊するとともに、今年度を核兵器廃絶の再出発の年として、世界の国々に核兵器の全廃と核不拡散に向けて取り組んでいくことを強く訴えたところであります。
  しかし、核不拡散体制の崩壊が危ぶまれ、北朝鮮とイランを巡る核兵器開発問題が緊迫しつつある現在、核兵器の保有を誇示するかのように、臨界前核実験を実施した貴国の姿勢は、かえって、こうした国々に核兵器開発の口実を与え、核不拡散体制をますます危機的状況に陥れることにもなりかねません。
  また、これまでの中止要請と抗議にもかかわらず、今回、再び実験を強行したことは、被爆者をはじめ長崎市民や、世界の多くの人々の核兵器廃絶の願いを踏みにじる暴挙であり、強い憤りを覚えます。
  10年前の国際司法裁判所における、「核兵器の威嚇と使用は一般的に国際法に違反する」との勧告的意見を真摯に受け止めるとともに、6年前の核不拡散条約(NPT)再検討会議での「核兵器廃絶へ向けた明確な約束」を誠実に履行することを貴国に対し強く求めます。
[PR]
by bbbrothers | 2006-10-10 21:19 | 戦争と平和

8月15日のソウル

c0018561_1645498.jpg8月15日の終戦記念日、「反日」の実態を知りたくてソウルに行きました。
市内の街路や地方へ続く高速道などの沿道に「太極旗」が溢れています。
「大極旗」でびっくりはソウル市庁舎、数週間前からご覧のとおり数千枚の旗でラッピングされていました。


当日は「日本植民地支配解放60周年」記念行事があちらこちらで開催されていました。
全体的には日本に対する「恨」より「南北統一」が話題のようです。
過激な統一反対パフォーマンスをした人がいて何度も何度もニュースで映像が流れました。(絵になるのでカメラマンが喜びます)タクシーの運転手さんは、あの連中はいつもあれだから・・と呆れ顔。
テレビ番組では「靖国神社への参拝」をリアルタイムでとりあげ、また日本軍の非道をアーカイブ映像で特集していました。特に「竹島」(独島)は「植民地支配」のシンボル的に取り扱われています。

何人か韓国の人に話を聞きましたが、ある女性の「反日反日って騒いでるのは政府とテレビだけよ」という言葉や「太極旗ばかり並べないで統一旗にすべきなのに」という男性の言葉が印象に残りました。c0018561_16452434.gif

CDショップに行くとJ・POPコーナーがあり「ケミストリー」「AYU」の等身大パネルが飾られています。つい数年前韓国に行ったときは持ち込み禁止だったことを思うと隔世の感です。
日韓関係は若い人に任せるに限ります。でもエイベックスが荒稼ぎしていることは事実です。

こちらが「統一旗」 右の海にある点が「竹島(独島)」とてもクローズアップされています。
[PR]
by bbbrothers | 2005-10-10 16:51 | 戦争と平和