カテゴリ:その他の話題( 67 )

桜が咲いたが

きのう我が家の近隣でも一気にサクラが咲いた。
凄まじきかな・・・まさにそんな感じで思いっきりのよさに脱帽だ。

以前からなんで謀ったように一斉に咲くのか疑問だった。調べると、ソメイヨシノというサクラはどの樹も遺伝子が同じなのだからだという。江戸末期に東京の園芸職人伊藤伊兵衛政武という人がが在来種を掛け合わせてソメイヨシノという種を作り出し、それから挿し木や接ぎ木で全国に植えられていったという。もとは一本のソメイヨシノがいまや全国津々浦々に何万本、あるいはそれ以上の夥しいソメイヨシノが今咲き誇っているわけで、いったいどれだけの人が、どんな思いでサクラを植えていったのだろうと思うと不思議だ。

挿し木や接ぎ木で殖やされたのはソメイヨシノが繁殖能力を持たないからで、サクランボウも実らない。だからソメイヨシノの野生や自生種はあり得ず、すべて人が植えたのだ。植物には「自家不和合性」というすぐれた仕組みがあって、自分のなかの雄花と雌花の受粉を防止して種内の遺伝多様性を守っているそうだ。全てのソメイヨシノはクローンであり遺伝子はすべて「自分」なのだから受粉がおこなわれないというわけだ。

ソメイヨシノは恋人と出会うことがないわけだし、普通は実を実らせるために花が咲くことを思えばまったくの「あだ花」なのだと思うと気の毒に思えてきた。何のために咲き誇るのだろう。そして散っていく。

でも知人にこの話をしてみたら、何の為にでなくただただ美しく咲くところに潔さや清々しい美しさがある、という。
また別の知人は、果物だってその果実は繁殖より人間の味覚に合わせてつくられているのだし同じことだという。

今年のサクラは勉強になった。
[PR]
by bbbrothers | 2005-04-07 22:26 | その他の話題

c0018561_227628.jpg
10年ほど前のちょうど今頃、知人と昼食を共にしていた。
その知人がぽつりと
「桜の花は人の心を狂わせるものだ」  そう言った。
この時期になるとその言葉を思い出す。
[PR]
by bbbrothers | 2005-03-19 22:08 | その他の話題

片山右京氏

c0018561_21253435.jpg
F1レーサーの片山右京氏が、現在、8000m級の全14座登頂を始めているという話をきいた。既に2001年にはヒマラヤのチョ・オー8201m、2003年には同じくヒマラヤのシャシャバンマ8008mの登頂に成功している。
俺は彼のレーサー時代のクールかつ親しみやすそうな様子が大好きだった。彼からはサーファーのような潮風の雰囲気を勝手に抱いていたが、登山家になるとはびっくりだ。でもふと、ナルホドな、とも思えてきた。
[PR]
by bbbrothers | 2005-03-16 21:26 | その他の話題

ナヤミムヨ~

テレビをぼーっと観ていたらCMで、

ナヤミムヨ~  和田○○子氏がリーブ○○の社長?さんと話しています。
     ・・・・うーん、なんだか怖い。

郷ヒ○ミ氏がなんだか颯爽としています。 高須○○ニックの院長も出演。
     ・・・・ゾクッ、背中が寒い。

よ~く考えよぉ~ お金は大事だよー  なんと!アヒルが喋ります、ガッガ。
     ・・・・うっ  胸が苦しい。


皆さんもご覧になったことがあるでしょう、大丈夫ですか?(笑)
[PR]
by bbbrothers | 2005-01-18 21:23 | その他の話題

カビ取り

年末大掃除のシーズンも近づき、ワタクシもゴソゴソ勤(いそ)しんでおります。
風呂のタイル目地に染みついたカビ取りは横綱級の難易度です。
黒々は「カネヨン&亀ノコたわしduo」で挑んでも10擦って2という出来高。
意地になったり酔っぱらって取りかかると怒りで目地を削り取ってしまいかねません。

今日ふとお店で目に入ったのが洗剤「カビ取りハイターストロング」
やってみるとなるほど泡泡がかなりの威力、
ずんずん黒グロを浮き上がらせシャワーを掛けると奴らはあっさり退散。
こりゃズゲエと思い取説文を見ると、万が一目に入ったら失明と書いてあります。
(あ、跳ね返りがちょっと入っちゃった・・目がシボシボするぜ)
使用時には充分換気を・・とか万が一触れてしまったらとか・・結構緊迫度高し。
試しに指先につけてみたら指紋がつるつる・・・犯罪人の方々に朗報です。

ん?こんなスゴいもの、そのまま排水溝に流しちゃっていいのかしら???
近所のみんなが一斉に大掃除で「カビ取りハイターストロング」をつかったら
超濃度でどこへ流れていくの。
そもそもこんな劇薬みたいなものを売っていいのかしら、と思った次第であります。
ラベルに「除菌」とありましたが確かに完璧「除菌」。
「除菌」ってのも怖いね。
[PR]
by bbbrothers | 2004-12-25 19:04 | その他の話題

小樽水族館のペンギンショー

久しぶりにあまりに笑いすぎて、腹筋と背筋がつってしまいました。
ツブヤキシローのような調教師につれられて20羽くらいのペンギンがペタペタと登場します。大概がポチャポチャと池に入り泳ぎはじめましたが、ボーッと立っているのもいます。
さて、いよいよ芸の披露でまずはシーソー。
道具を出して準備完了ですがペンギンが近寄りません。調教師がいろいろ指図しますがまったく無視、餌の魚を見せてもどれも寄ってきません。あらあら、時間が刻々と経っていきます。しかたがないので次の芸に・・しかし
次の滑り台も、その次の何かもそのまた次の何かも全部ダメ。さてこのショーはどうなったと思いますか?
見ていない人に映画の結末を教えてはいけないのと同じですから言えません(笑)。
ぜひ機会があれば一度見に行ってください。とにかく笑えます。(冬季は休館期間あり)
[PR]
by bbbrothers | 2004-10-25 15:08 | その他の話題

ウチナーグチ

先日の新聞コラムに知念ウシさんが、琉球言葉は母音がア、イ、ウしかなくて、エはイに、オはウに変わる、と書いていた。
ふむふむ、それで試したみた。「エレキピアノ」→「いりきぴあぬ」 なるほど。「おやじのダジャレは意味不明」→「おやじの だじゃりは いみふみい」 おぉ、なるほどなるほど。「明けましておめでとう」→「あきましてぃ うみでぃとぅう」 いいねえ、すっかり南国(なんぐく)気分。 うむしるいゆ たみしてぃみてぃは(面白いよ 試してみては)? 
[PR]
by bbbrothers | 2004-05-20 21:28 | その他の話題