ニュータンタン

c0018561_21122989.jpg
ワタクシ、川崎で生まれ横浜で育ちました。横浜川崎に独特なラーメンがあります。

「サンマー麺」はサンマじゃなくて麺の上にトロミをつけたモヤシやニラを炒めたのがのっております。名前が変わっているのでTVのクイズなどで取り上げられることがありますが地元ではそれほど人気はありません。中華料理屋にときどきあります。

一方「家系(いえけい)ラーメン」とよばれる油コッテリの醤油とんこつラーメンはとても人気があります。吉村家(よしむらや)が老舗でいつも長蛇の列です。弟子入りした人達がのれんわけして「○○家」と名乗りあちらこちらで開業しています。弟子を怒鳴り散らし蹴飛ばしたりする恐怖の修行が何度かTVの特集で取り上げられました。そういえばこの吉村家の社長、エロビデオ販売でつかまったときはビックリしました。

さて、あまり知られていないのが写真の「ニュータンタン」。川崎周辺にみられるご当地麺で坦々麺とは全く違うものです。ストレートな激辛、ニンニクたっぷりで食べて帰ると家中が臭くなるほどであります。
細麺を選べる店もありますが辛いスープが絡まりすぎて舌の逃げ場がありません。基本の太麺がオススメです。
普通・中辛・大辛・メチャ辛などを選べます。恐る恐る中辛あたりを頼みますとひと口目からガツンときます。でもだんだん慣れるというか麻痺するというか調子が出てくるというか、箱ティッシュを左手に掴み大汗を流して食べます。汗が目に入ってしょぼしょぼします。夏はTシャツびっしょり、頭髪の一本一本が逆立って頭皮が痒いです。
食べきるとボーッとした疲労感のなか、いつも「もう1ランク上の辛さでもいけたかな・・」と思います。苦しいほどに辛いのにアト味はスッキリ、後ろ髪をひかれるスープで、レンゲのカーブ限界までどんぶりの底を浚(さら)います。焼肉やホッピーを出す店もあり、夜しか開かない店も多いです。有名なのは「元祖ニュータンタン麺本舗」チェーン。「本舗」を「イソゲン」と読むところが不思議であります。

ああ、食べたくなってきて、もうヨダレがでてきました。
この写真は川崎のお隣 蒲田にあるお店、イソゲンではありませんがここでもニュータンタンが食べられます。
c0018561_21124750.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2008-10-21 21:15 | 食べ物
<< まこもたけ PetiteMaisonプチメ... >>