毛ばり・ライター石・レコード針

c0018561_20424676.jpg
c0018561_20425695.jpg
c0018561_2043742.jpg
これらはパチンコの出玉を現金に交換するための「特殊景品」。いまは金メダルのようなものが多いが昔は実にヘンナモノが多かった。

レコード針、ライターの石、ボールペン、毛ばり、コーヒー豆の試供品、パイプ、謎の小箱・・・なんでこれなの? 中は何?・・・開けると換金できなくなります。どれも使いまわされて手垢でババッチィ。

さてパチンコ店で玉と引き換えにこのヘンナモノを受け取り、店を出て「両替所」へ持って言って換金するのですが見つけるのがちょっとした探検気分でしたよ。
店のネエチャンが親切に教えてくれることもあれば黙って小さな案内図を指し示すことも多いし、アノ人に着いていきな、とアゴでいわれる場合もありまっせ。

たいがい数軒隣の建物の脇の路地なんだけど、何軒も先の八百屋で換金してたり・・今と違って看板などないから、自力で見つけたときはムフッと満足感。

さてこういう「両替所」とは壁に空いた小窓、横は30cmで縦は20cmくらい。そこにヘンナモノを入れると、しばらく中でゴソゴソと音がしてから、唐突にパサッと金が投げやりに出されます。そのときにちょこっと中の人の手が見えます。ここでは言葉が要りません。

怪しさが過剰な緊張感漂う空間でしたが今はすっかり減りました。

【おまけ1】
刑法 第185条(賭博):賭博(とばく)をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

【おまけ2】
公営の競馬・競輪・競艇・オートレース、そして宝くじは「特別法」により合法です。パチンコは景品交換方法を採用しているため古物営業ということらしいス。
[PR]
by bbbrothers | 2008-10-03 20:48 | その他の話題
<< 今週は上野、来週は馬橋で 「ごまかよ」とのたたかい >>