上松美香さん

c0018561_2219278.jpg



先日「題名のない音楽会」でのアルバ奏者 上松美香(あげまつみか)さん、演奏中の妖精のような微笑み、まるで降臨した天女のようでした。

クラシック、ポピュラーに限らず、神経質そうなしかめっ面で演奏する人がよくいます。
それは迫力があったり格好良かったりもしますが、その対極ともいえる彼女の柔らかで楽しげな表情にすっかり私は魂を抜かれました。
彼女の、誰のためでもない何も意図しない自然にあふれ出る微笑みは神々しくさえ感じました。

アルバはインディアン・ハープとも呼ばれる中南米で生まれた小型のハープです。
彼女は弱冠22歳にして日本のトッププロであり、本場パラグアイの音楽祭でも活躍しているそうです。

少々お疲れ気味のみなさん、彼女の演奏をぜひ見に(もちろん聴きに)出かけてみてはいかがでしょうか?
[PR]
by bbbrothers | 2005-02-23 22:22 | 音楽の話題
<< またまた「幻の名盤開放BOX」 朝日無線スタジオ >>