カセットテレコ

今日、ティーンズのライブに4時間ほど付き合いました。
みんなうまいうまい! 
なんといっても音源や機材に恵まれています。

私のジダイはレコードのシングル版が400円、LP版が2000円くらい。
高くて滅多に買えませんから、もっぱらラジヲにかじりつきでした。
また先輩や友達の歌や演奏を聴いてずいぶん曲を覚えました。
これはまさに口述伝承で(笑)原曲を知らなくても関係なかったんです。

そのうちにカセット・テレコが買えるようになりました。
これは自分にとって本当に革命的でした。
まずエアチェックといってラジオ番組の録音です。
当時FMレコパルなど専門雑誌があり、音楽番組の放送予定曲を前もって知ることが出来ました。
聴取者の録音用にMCも挟まずフルコーラスを流してくれました。
また友達とのレコードやテープの貸し借り、そのうちに貸しレコード屋が出現しまた随分と助かりました。

カセットは今でも手元に500本以上あり、1本が20曲録音なら全部で10000曲。
ほとんど全部の曲を覚えていたのですから若い時というのは特別な記憶力があるのですね。

今のティーンズは「新しいこと」をやるのが難しいです、もう誰かに先にやられてしまっている。
というかそのことが分かってしまうのですね、メディアの発達で。

でもよく考えれば、元々「新しいこと」といっても全く新しいわけではなく、改造したり切り口を変えたりしているわけなので、
今の人たちはたくさんのアイデアやアイテムを知ることが出来てやっぱりいいです。
[PR]
by bbbrothers | 2008-02-17 20:54 | 音楽の話題
<< 3/29 BBB&BBG 単独... 「諸星酒場」 >>