ひっ付いているじゃん・・・・

通称「イセエビ・キャッチャー」
水槽には立派なイセエビがウヨウヨ、ユラユラと素敵だ。
ガラスの横には持ち帰るためのビニール袋などが懸けてあり大いに期待が高まる。

1回300円(3トライ)だが3回なら9トライで500円とお徳だ。
しかし、ようやく持ち上げてもエビが尻尾をブワンと振って落っこちてしまう。
穴のそばのエビをつかめれば確立は高まるはずなのだが、エビ同士が絡まっていることもあってなかなか難しい。
もっと続けたくてもギャラリーに取り囲まれてしまうのが困る。
何日か通ったのだが結局一匹も捕れなかった。

ゲームセンターの兄ちゃんが水を取り替えていたのをときどき見たが本当に嫌そうだった。
イキモノは世話が大変だ。

結局この「イセエビ・キャッチャー」、次第に撤去されすっかり見かけなくなった。

ところで前置きが長くなったが、房総で見かけたのが「サザエ・キャッチャー」
ひっ付いてるのは絶対に捕れません(笑)。
c0018561_16362973.jpg

c0018561_1628541.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2007-08-14 16:28 | ちょいとびっくり
<< 亀の子束子 1号型(小) 河合代介&トミーキャンベル >>