アサリの浅子


プルリと太ったアサリの酒蒸しは実に旨~い!!アサツキのみじんなどが振ってあると彩りも最高だ。
c0018561_182308.jpg
バター炒めもこれまた香ばしい、こちらはガーリックと鷹の爪がお似合いだ。深川飯など炊き込みご飯は拝みたくなるほど神々しいし、時々は海辺のレストラントでワインと一緒にボンゴレも食べたくなる。

c0018561_183589.jpg
というわけでヨダレが出てきたのだが、先日読んだ「潮干狩り」(文葉社刊)という本には著者、原田知篤(はらだともあつ)さんの、アサリにする並々ならぬ情熱と愛があふれていた
c0018561_1844331.jpg
たくさんの図、写真入りで「潮干狩り」について色々なことを解説してくれている。もともと原田さんがWEB(http://mirabeau.cool.ne.jp/shiohigari/)に書いていた事柄を書籍化したそうだ。この本さえあれば誰でも大漁である。

第1章潮干狩りに行こう  
第2章貝の料理と保存
第3章潮干狩りの歴史     
そして巻末がデータベースという構成。



さて、いよいよ本題、ワタクシが呆れさせられたり、驚かされたりされた部分をご紹介しよう。

その1  アサリの模様(柄)の分類】
アサリというのは色や模様が実に様々だ。この本には24分類が紹介されている。ネーミングが「重ね傘」「細縞」「跳ねシロ」といった具合で風情がある。原田さんが勝手に命名したものだろうか?
c0018561_1851669.jpg

c0018561_1814435.jpg

その2  アサリの浅子突然、4ページも割いて挿入されている原田さん書き下ろしの童話。主人公はアサリの浅子、中国で生まれ次々に襲いかかる苦難の人生(貝生)。最後は日本で「潮干狩り」されてしまう。



その3  ライフガードへインタビュー横浜の「海の公園」は潮干狩りや海水浴で人気のスポットである。そこのライフガード、つまり監視員に原田さんがいろろと質問している。チグハグ感が素晴しい。一部抜粋しよう。

原田氏「溺れているのとふざけているのとどうして見分けますか?」
ライフ「顔色と必死な目でわかります」
原田氏「皆さん、視力がいいのでしょうね」
ライフ「目が悪い人もコンタクトレンズをしていていまは使い捨てが主流です。」
原田氏「皆さん泳ぎは達者ですよね」
ライフ「全員が泳げるというわけではありません」
原田氏「?? ところであなたは肺活量とか背筋力とかどのくらいありますか?」
ライフ「肺活量は忘れましたが背筋力は200kg以上ありました。」
原田氏「かなりですね~??あ、済みません、判らないのに質問して。
ところで潮干狩りからいうとライフガードの方が天敵なんですが・・・」
ライフ「僕ら、天敵なんですか・・?」
原田氏「潮干狩りについて質問させてください。アサリとシオフキの見分けはつきますか?」
ライフ「アサリとバカガイは判りますがシオフキは判りません。」
原田氏「バカガイの砂の抜き方を知っていますか?」
ライフ「アサリは食べるけれどバカガイは食べません。ですから砂の抜き方も知りません」
原田氏「そうですか、バカガイは美味しいですよ。ところで潮干狩り客に対してどう思いますか?」
ライフ「特に何とも思わないですが・・・」
原田氏「最後に何か潮干狩り客に一言」
ライフ「熊手を海中に忘れないことと一箇所にあまり大きな穴を掘らないようにお願いします。」
原田氏「長時間どうもありがとうございました」
c0018561_189672.jpg


その4 アサリの砂抜き用水
原田氏の実験結果は次のとおり。
Volvic ★6つ      アサリは非常に活発に水を吐き出した
Evian ★1つ      非常に居心地が悪そうで目を出さなかった
アルカリイオン水 ★2つ Evianよりは活発だが砂抜きには適さない
水道水 ★5つ      活性はなかなかのものであった

ところで先日知人の看護師に尋ねると人間も圧倒的にVolvicだという。
c0018561_18103210.jpg


その5 バカガイはどこがバカなのかだらしなく口を半開きにしている、あわてて蓋を閉めるときに自分の足を挟んでしまうなど理由が8つ説明されている。
c0018561_18154978.jpg


その6 左回しのほうが砂がとれる
これは全くよくわからない。まだ砂やカニが残っているバカガイの剥き身をザルに入れ、ザルを水の張ったボールに浸けて手でかき混ぜて砂を落とすという話しなのだが、かき混ぜる方向が左回しのほうが「ものすごい効果があり祖先の言い伝えは正しかった」と原田氏は実験結果として書いている。BBGirlsアッコちゃんは、南半球では右回しで砂抜きする、というのだが。




さあ、みなさんもぜひ一度この原田さんの本を手にとって見たらどうだろうか?
ところで申し遅れたが原田さんは芸大フィルのオーボエ奏者である(笑)。(http://mirabeau.cool.ne.jp/oboe/

砂浜に行きたくなったが今日は台風。
c0018561_18161326.jpg


**** ルー語仕様はこちらでトゥゲザー ****
[PR]
by bbbrothers | 2007-07-15 18:20 | 毎度ばかばかしいお話
<< パラカヘ 増殖中 BBGirls デビュー企画C... >>