コージ&サトシ

c0018561_20295620.jpg
横浜K’s BARで「コージ&サトシ」のライブを観た。

この日は4つのユニットが出たのだが、彼らはホンモノのブルースマンだと思う。
魂が絞られるようなギリギリ感と絶叫、ボーカルのコージ氏の声は独特で、濁声にキンキンする高音が混ざって攻撃的だ。それでいてオリジナルの歌詞はロマンティックだったりもする。こういうブルースを聴かせてくれる人は滅多にいないと思う。圧倒的な存在感とパワーに感動した。

実は3年ほど前、何度か彼らのライブを観たことがある。その頃はブルースというよりパンクっぽくて、暴れ馬コージ氏(v&g)に、控えめのサトシ氏(g)が振り回されっぱなしというバランスの無い荒削りな印象だった。
しかし久しぶりに見た彼らは大きく変化していて、特にサトシ氏のギターが深い表現力を保ちながらも格段に力強くて、コージ氏をコントロールするまでになっていた。
見事なアンサンブル、これからどんどん渋くなっていくんだろうな・・・・
我々BBBは年ばかりとっているが、彼らのブルース根性に全くかなわない。

今日はBBBのメンバーも一緒だった。写真はライブ後に「疲れ目」を休めるメンバーとコーラスAさん。Aさんはピースしているがブルース・ライブ初体験、脳味噌は大丈夫だったのだろうか。
c0018561_20301393.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2007-05-28 20:31 | 音楽の話題
<< シネコン こんどは豪華に >>