ぶるうす

俺にとってのBluesとはなんだろう・・と考えてみた。
Bluesセッションに参加したことがあるのだが、そのときの違和感が尾を引いている。
そのときが偶々なのかもしれないが、モノマネ大会みたいだった。
俺はカラオケが苦手なのだが、似た感じだった。

気持ちのいいBlues体験ならインプロビゼーションしかないと思うし、
Bluesミュージシャンは観客に音をゆだねてなんぼだと思う。
観客の「前」に居るのではなく「中」に居るのがBluesミュージシャンなのではないかしら。
音作りでいえば空白こそが観客の遊び場。それを塗りつぶしては押し付けがましすぎる。

クラシック、ジャズと違うのはここなのではないかな・・・
土着的な祝祭の香りを忘れてはいけないと思いました。

bluesのスタイルは単調なのだけれど、その分、誰にでも開かれていますね。
[PR]
by bbbrothers | 2007-04-24 21:21 | 音楽の話題
<< 「俺は、君のためにこそ死にに行く」 プジョー206CC >>