船釣りに挑戦

知人Tさんに連れられ東京湾の「船釣り」に初挑戦、ターゲットはアジ。
料金8千余りを支払い、7時半、私を含め5人で久里浜から出船。「釣船」は全長15mくらいあって立派、水洗トイレは2つあるしキャビンもある。
c0018561_1232126.jpg


出船前、船長が「今日の天気図は最悪なんですよ・・・」といっていたが、空は晴れ、暖かく実に気持ちが良い。買い込んだ酒もすすむ。
c0018561_12321890.jpg


30分ほど走って最初のポイントに到着。東京湾航路の中央分離帯のような場所で大型船がひっきりなしにそばを通る。ぜんぜん釣れずボーっとしていたが海の上は爽快極まりない。
c0018561_12324626.jpg
他の人たちも釣れなくて、移動するというのでリールをまくと勝手に赤い魚がかかっている。カナガシラという高級魚だそうだ。25cmくらいでこの魚としては良形とのこと、なんにも釣れなかったら嫌だな・・と思っていたのでとりあえず良かった。さあ、いよいよアジだ。
c0018561_1233188.jpg


でも、その後、何ヶ所かポイントを移動し釣り糸を垂らすが皆一向に釣れない。他の釣り船も見当たらない。次第にどんどん風が強まり波頭が白く割れ始めた。1時間も経つと海上の様子は豹変し、大間の本マグロ漁師のテレビみたいに荒れてきた。
c0018561_12333927.jpg

空には雲が低く垂れ込め小雨も降ってきた。船は木の葉のように翻弄され、魚が居るポイントに何度も船長が近づこうとするが強風で船が流されてしまう。うねりの高さもどんどん増し、船が走っているときは、私の体が浮き上がるほどになってしまった。波でずぶ濡れ、立ち上がると海に振り落とされてしまう。まるでジェットコースターに乗っているようで「船酔い」する暇すらない。私は興奮ぎみだったが他の人たちは暗い表情だ。こんな状況でも船長はなんとか釣り客に釣らせようとあちらこちらのポイントをめぐってくれて思わぬ激しい東京湾クルージングとなった。

釣りどころではない、ということで昼前に戻ることとなった。結局誰一人アジは釣れず、船長自ら、出船は判断ミスだった、といっていたし同乗のベテラン釣師が「アジ釣りでボウズは初めてだよ」と言っていたので、やはり今回の釣りは最悪ということだったのだろう。

Tさんはあまりに条件が悪かったためかちょっぴり申し訳なさそうにしてくれたが、私はとても楽しい一日だった。Tさんは道具から合羽からなにからなにまで用意してくれ、自宅に送迎までしていただいき本当にありがとうございました!Tさんが捌いてくれたカナガシラの刺身は透き通る白身、素晴しい歯ごたえで絵にもかけない美味しさ。
またお願いします。
c0018561_12335741.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2007-04-01 12:34 | その他の話題
<< ジョージ デューク BBBだより その3 STOR... >>