西の大西ユカリ 東のUmekichi

c0018561_12302972.jpg

自慢のCD その③は、
ひょんなことで手に入れたUmekichiのCD「RELOADED」

ここまでやるか・・と脱帽、痛快。まさに傑作です! 

伴奏は「稲妻オーケストラ」、ウディハーマンを連想する底抜けに明るいオーケストレーション、
プロデュースは元スペクトラムの新田一郎氏、さすが絶品のホーンアレンジです。
ブラスロック風やスカっぽい仕上げもあり飽きさせません。

咆哮するブラスセクションにUmekichiの三味線プレイが炸裂、さらにイタズラたっぷりにシンセが絡みます。
この火山溶岩地帯のごとき熱いサウンドの上を花畑に遊ぶ蝶のように、Umekichiの可憐でクールな歌声が、
フワフワと舞い踊ります。

収録曲は次の通り

1. 家へおいでよ  2. 三味線ブギー 3. 買物ブギー  4. パイのパイのパイ
5. 真っ赤な太陽  6. びっくりしゃっくりブギ  7. 野球けん
8. 東京ドドンパ娘  9. 五匹の仔豚とチャールストン
10. ヘイヘイ・ブギ  11. ホームラン・ブギ

4,5,6,9は比類無き絶品、特にお薦めです。

Umekichiさんは生業では「檜山うめ吉」、寄席の色物で三味線を抱えて小唄、都々逸などを演じる
「俗曲師」の若手ナンバーワン美女だそうです。

CDのライナーに彼女自身が「私はただただ自分が何なのかを探し求めているだけ」と書いています。
アルバムタイトルの「RELOADED」とは、拳銃に弾が詰め込まれ、あとは引金を引くばかりの状態のことです。
このアルバムをつくるに至った動機は何だったのでしょう。
彼女は去年の9月以来姿を消してしまいました。新宿末広亭の香盤でも10月からは別の人に替わっています。
何かのトラブルに巻き込まれたという噂もあり心配です。

西の洋楽・大西ユカリを倒せるのは
東の邦楽・Umekichiといったところでしょうか、ぜひ舞台を観たいものですc0018561_12304415.jpg
[PR]
by bbbrothers | 2005-01-23 12:33 | 音楽の話題
<< 著作権と戦争 ナヤミムヨ~ >>