シンセ奏者 IZANAGI氏

まだまだビックリすることはあるもので、今日ビックリしたのはシンセ奏者のIZANAGI氏! 思い切りアウトドアである。

海岸や高原のキャンプ場なら驚かないが、写真のとおり槍ヶ岳山頂(3180M)、白馬岳(2932M)山頂、穂高連峰 西穂高岳(2909M)、前穂高岳(3090M)、奥穂高岳(3190M)山頂、富士山山頂(3776M)・・・・・・・・・・・・・・・
どれもご本人、スタッフ、聴衆いずれにとってもご苦労様でありまた危険である。

プロフィールには「3000m級山岳山頂、新緑の原生林、紅葉の峠、清流の川辺、大自然の懐にシンセサイザーを設置、自然波動をプログラミング、ネイチャーシャワーシンセサイズを開発、開放感に満ちた爽快な3Dバーチャルサウンドシステム使用、大自然のインスパイアで詩情豊かに感動溢れる作曲演奏。花の名所を巡り、ブロッサムウェーブシンセサイズを開発、安らぎに満ちた3Dリラクセーションサウンドシステム使用、華麗に花々のエッセンス溢れる作曲演奏。通算39枚CD発表(キングレコード7枚)、日本各地17年間の演奏活動により自然浴音楽体験者は700万人以上」とある。
700万人の人々が彼の演奏をアウトドアで聴いているというのだからビックリである。山頂演奏以外ではお花畑も好きなようだ。

ところで電源が気になるので機材リストをみるとSUZUKI SX800R(800W)の発電機を使用。ちなみに彼のサイトでは機材運搬のアルバイトを募集していて日給は7000円だ。 

演奏中に雷が落ちないことを祈るばかりだ。
c0018561_11765.jpg





***BBBrothersのWEBはこちら***
[PR]
by bbbrothers | 2006-05-26 21:42 | ちょいとびっくり
<< ハヨピラへどうぞ 観光案内その2 平本アキラのロバート・ジョンソン >>