SANYOボイスレコーダー ICR-S300RM

c0018561_2031345.jpg最近、ボイスレコーダーを買ってバンドのスタジオ練習を録音している。自分の反省用だ。20年近く使っていたカセット録再ウォークマンが壊れたのだ。といってもヘッドフォンジャックの接触が悪くなっただけなのだが修理に1万円ほどかかる。過去にも1万円かけて修理したのだがさすがに今回は引退とした。

前置きが長くなったが写真はSANYOの512MBタイプ、私が買ったのは256MBで価格は23000円くらい。その他の仕様は一緒だと思う。

初めに欠点をいうと内臓マイクの録音感度が敏感すぎることだ。BBBはブルースバンドだがエレクトリックのギター&ベースなので、普通の音量でも音が割れて録音されてしまう。感度切り替えをLOWにしてもだ。アコースティックでないと厳しい。音楽用でないから文句は言えないところだ。俺は前述のウォークマン付属外付けマイクをつけて使っている。レベルが落ちてちょうど良い。バンド練習用に使いたい人は外付けマイクを別途探すことになる。

いいところは沢山ある。電池の持ちが良くて俺は1ヶ月単4電池1本で十分だ。音質はラジカセ録音レベルより若干落ちる感じだが練習チェックにはOK、録音形式はMP3だ。録音時間は最高音質にしても256MBですら数時間あるのでカセットやMDと比べても十分。ミュージックプレイヤーとしてはMP3とWMAが再生できる。CD音質より若干落ちる感じだが違和感はない。USBでPCとドラック&ドロップでファイルをやり取りできる点は非常に楽チン、録音データは簡単にPCへ転送、蓄積できる。逆もOKなのが嬉しい。普通のフラッシュメモリとしても使えるので仕事用のデータを持ち運んだりもしている。


***BBBrothersのWEBはこちら***
[PR]
by bbbrothers | 2006-05-16 20:28 | 音楽の話題
<< タイはよいとこ 一度はおいで オニオンズ >>