ある真夜中に

先日、テレビをつけてぼーっとしていたら、おや・・・綺麗な合唱だ。
夏に開催されるNHK全国学校合唱コンクールの課題曲紹介だった。
その歌は高校生部門の課題曲、画面では若い人たちが伸びやかに歌っていた。

私は合唱については全く素人で縁も無いのだがメロディーラインと歌詞にゾクっとした。
歌詞を取り寄せると瀬戸内寂聴さんの作詩、なるほどと思った。
高校時代にこういう切なくてエロチックな情感に触れるのはいいことだと思う。


「ある真夜中に」 瀬戸内寂聴作詞、千原英喜作曲

ある真夜中
どこかの星の熱いため息が
花びらになって振ってきた
花びらは舞いながらささやいた

  わたしはここにいます
  そして あなたがそこにいてくださる
  ああ 何というしあわせ
  たとい永遠にあなたの額に
  たどりつけなくても

ある真夜中
どこかの星の熱いため息が
雪になって降りしきった
雪は身を揉みながら散った

  わたしはここにいる
  そして あなたがそこにいてくれる
  ああ 何というよろこび
  たとい永遠にあなたの唇に
  たどりつけなくても
[PR]
by bbbrothers | 2006-03-22 20:29 | 音楽の話題
<< PSE その3 現役の炭鉱 >>