吉田美奈子inSTB

c0018561_21351093.jpg六本木STBで、吉田美奈子with THE BANDを見た。ここは実にお洒落な箱である。

新作CDSpanglesの発売記念をかねたライブだ。バンドは5人編成でゲストにトロンボーンとハーモニカが加わった。プレイヤーたちは終始リラックスし、ゆったりと絡み合う。精巧なアンサンブルや絶妙な間合いは音楽職人たち珠玉の技である。キーボードは舞台下手にグランドピアノとフェンダーRHODES・・しかもスーツケースピアノに感動。プレイヤーは倉田信雄氏、俺が高1のとき部長だった高校時代の軽音の先輩である。
一方舞台上手にB3&レスリー・・といえば日本一のハモンド弾き河合代介氏だ。いつものように熱く切ない最高のハモンドでシビれさせてくれた。今回は一部楽曲でミニムーグも使った。俺はもうこれだけで至福きわまり失禁ものである。

吉田美奈子氏はジャパニーズ・ファンクの大御所といわれ、ビート感に詩情が混ざり合う独特の作品群を休むことなく発表し続けてきた。彼女の幅広い音楽交流関係は、彼女が日本のポピュラー音楽の歴史を担ってきたことを証明している。詳しくは彼女のサイトをご覧いただきたい。
彼女は俺より先輩なのだが歌っているとき、喋っているときの表情が豊かで仕草が実に可愛らしい。心が澄んでいるからだろな。
存在感1000%の美奈子節を堪能、大満足の2時間半であった。席が前過ぎ音のバランスが今ひとつだったので次回は真ん中より少し後ろの席にしようと思う。

ところで前から疑問に思うのは、歌舞伎の獅子のような髪は彼女の自毛なのかどうかである。見れば見るほど凄い髪だ。
c0018561_21385835.jpg


***BBBrothersのWEBはこちら
[PR]
by bbbrothers | 2006-03-07 21:39 | 音楽の話題
<< 3・15のライブ ミュージック・ファンド >>