シルバースターズ

c0018561_20565640.jpg70年代末に活動していたハードロックの覆面バンドで正体不明!月光仮面風味が売りだった。仮面にパンク風のレザーボンデージファッション、メタルチェーンもジャラジャラでビジュアル系の走りだったのかも。当事の音楽雑誌にマクセルのエフェクターCMでぐいぐい迫ってきていたのを見た人はいるはずだ。音のほうは勿論ガツンと図太くビビビーとソウルフル、ステージにはマーシャルを巨大なビルディングのように積み上げ、マイクスタンドアクションもYAZAWAに負けず劣らずといいった破壊的&ロマンティックなロック魂そのものだ。

コアなファンサイトがいまも健在で、通説として第1期シルバースターズのメンバーはVOWWOWであり、1980年発売の2枚目アルバム「SEE」ではメンバーが変わったらしいと噂されている。ファンによる正体探しはいまも続いているようだ。

さてその「SEE」のボーカルアイアン・キッドは俺の親友である。
俺が二十歳のころやっていたバンドのボーカル「まあちゃん」がその人だ。とびぬけた声量と説得力のある喉で最高だったし「まあちゃん」のおかげでバンドに仕事も舞い込んだ。「まあちゃん」がシルバースターズに引き抜かれ「SEE」でプロでビューしたときは俺は自分のことのように嬉しくて渋谷のYAMAHAに発売日に買いに行った。

この「まあちゃん」は今年の春に亡くなった。47歳だったからすごくびっくりして俺は動揺した。また一緒にやることが必ずあると思っていた。
「まあちゃん」の本名や素顔をここではあかさないけれど、「まあちゃん」は覆面ボーカルでは嫌だったのだろうと、いまさらながら思う。「まあちゃん」は今、天国で本名でがんがん歌っていることだろう。あの時に俺は、アイアンキッズなんて格好いいじゃん、とわけもわからないで喜んでしまってごめんね。
[PR]
by bbbrothers | 2005-12-07 21:00 | 音楽の話題
<< 鳥のオリンピック あーそーびーまーしょー >>