B-3サミットTOKYO2005

c0018561_2044879.jpg先日、ジャズオルガンの祭典「B-3サミット@TOKYO2005」に出かけた。
このイベントは4年目、毎年楽しみにしている。今年は会場が吉祥寺サムタイムから六本木B-flatに変わり収容人数が増えた。にもかかわらず満員で嬉しいかぎりだ。このライブはユウキさんというお医者さんを中心にハモンド好きの人々が手作りで企画運営している。全国からフリークが集まるのでその日に帰れるよう休日の真昼間からのスタートだ。

今年はorg金子雄太、佐々木昭雄、河合代介、野田正純、酒井潮というBIG5とアマチュアハモンドプレーヤーの方々。gは大久保明さん(めちゃ渋)とポールさん(めちゃ渋2)、dr小泉高之さんと竹田達彦さん(ボクサーでもあるらし、かっこええがな)、sax右近茂さんも参加した。俺がリスペクトしているのは河合代介氏でやっぱり最高、吉田美奈子氏が製作中の新譜にも参加しているそうなので発売が楽しみだ。重鎮の酒井潮氏はオルガン界の「丹波哲郎」でありこれ以上の説明は不要である(笑)。一方好々爺風味の佐々木氏は意外にも攻撃的な早弾きで河合氏を脅かしていた。

今年は2時間のジャムセッションが追加され13時スタートの20時終演、途中に1時間のインターバルがあるとはいえ7時間の「ハモンド満貫全席」となった。観客の半数が私のようなコアなマニアらしく終演まで肩をスイングし続けたが酔狂である。関西圏から来ていた隣の人は残念ながら途中退席していった。新幹線はあってもそこから先が心配らしい。店内で昼飯を食べ酒を飲み続け夕食を食べて酒を飲み続け・・チケット代を上回る飲食費をビーフラットに提供した人も多く、これもめでたい。

c0018561_20445450.jpgまず店に入るとなんと正面にB-3(ハモンド社の代表的なオルガン機種)がなんと2台鎮座している!もうおつりが出るではないかぁぁ!!!
おやおや、Ohガッド!それだけではない、レスリー(ハモンドオルガンに接続する専用のアンプつき回転スピーカー)がなんと4台!ずらりと背面に並んでいる。普通は1台で十分ありがたいのだ。去年のサムタイムでは2台も搬入され皆の衆はそのありがたさに頭をたれ続けた。今年は4台がすでにシュルシュルと回転している。おぅおぅ凄すぎるぅぅぅ・・突然ロシア軍の軍事パレードに出くわしたような圧倒感だ。これは祝祭といわずして何であろうである。
ところで並んでいるハモンドの1台は本物B-3だがもう1台はNEWB-3という国産のコピーモデルである。しかし完全にコピーされていて見た目も音も違いが分からない。あえていえば本物より綺麗な音色かな・・(それも微妙)。でもプレイヤーはみんな本物の方を弾いた。

とにかくハモンド漬けの午後を楽しんだ。
[PR]
by bbbrothers | 2005-11-26 20:45 | 音楽の話題
<< あーそーびーまーしょー あたらしいDVD(でえぶいでえ) >>