テスコのオルガン

c0018561_14244613.jpgTEISCHORD C
次に使ったオルガンがこれ。「TEISCO」テスコというのは不思議なメーカーで王道を少しはずれた個性的な楽器を作っていた。テスコのエレキは何か仕掛けがあって話題だった。
このTEISCHORD-Cは高校時代に1年上のセンパイが持っていたオルガンで時々借りていた。ACETONEの上に置き2段キーボードにしていた。ACETONEのビービー音とは違って細身だったがクリアーで切れのいい音が出た。
さてこのセンパイであるが1年上でしかないのに俺からすれば完全な大人だった。全く無口で笑顔はおろか表情も変えないほどクールだった。顔色もいつも青ざめていてクールだった。オルガンを借りたくて話しかけるのにも勇気を要した。だいたいあまり学校に来ていなかった。痩せていて猫背で鍵盤に覆い被さるようにして超かっこいいコードを弾いていた。先輩の属しているバンドはド迫力のプログレをやっている「危ない」バンドだった。学園祭でセンパイのバンドがライブハウスをやったとき、センパイのトモダチ連中がドラッグとセックスの香るすごい格好でゾロゾロとやってきた。我々田舎の高校生たちはチンドン屋を眺めるように遠巻きにした。
[PR]
by bbbrothers | 2005-10-16 14:30 | 音楽の話題
<< YC-20とKORG700S ACETONE TOP-1 >>