美奈子&代介 本門寺

7月に出かけたライブの報告です。

まず池上本門寺で行われたSLOW MUSIC SLOW LIVE 2004というイベント。
私のお目当ては「吉田美奈子&河合代介DUO」私は両者の大ファンなので夢の取り合わせです。
結果は、代介氏のハモンドB3+レスリー2台も圧倒的説得力の美奈子節に押し出しでやられてしまった(笑)。
代介氏の真骨頂であるファンキープレイはリズムセクションがないためほとんど聴けなかった替わりに、
多接点鍵盤を完璧にコントロールし、ほとんどの曲でベースペダルもつかい和音を緻密に積み上げ、
ボリュームやレスリーを絶妙にスイッチング&コントロール!(すいません、オルガン用語です)
とにかく究極のハモンド職人芸を見ることが出来て、代介氏の実力をあらためて確認しました。
美奈子さんが当日のMCで「彼は日本一のオルガン奏者だ」と言っていたが私もそのとおりだと思います。

そのほかの出演バンドで印象的だったのは、
T.K.Y.(TOKU,日野賢二,小沼ようすけ)+大槻カルタでのBASS日野氏のスーパーテクニック、
ここまでやられると何も言えません。紅白出演以来人気絶頂の小沼ようすけ氏もタジタジでした。
歌もうまい!

ついでですが、本門寺ではライブイベントの始めに大概お坊さんのありがたい法話がいただけます(笑)。
今回もいただきましたがちょいと長かった(笑)。
[PR]
by bbbrothers | 2004-08-08 21:15 | 音楽の話題
<< 8/21に使った楽器です  木村充揮氏 >>