恐怖のYOSAKOI

ここ数年「よさこいそーらん」が流行っています、が、私、見るのも聞くのも大苦手。

しかし先日、二の酉でとうとう「よさこいそーらん」に捕まり踊らされてしまいました。
なんと境内に目を疑うばかりの夥しい「よさこいそーらん」が集結していたのです。・・オーマイガーッ!!

これまで私、ずっと上手くかわしてきました。
風に乗って例の「ROCK民謡」が聞こえてきたら要警戒です。
もし道路を小走りするヘンテコ衣装の母子が数組居たら、
それは間違いなくチームの集合に間に合わんとして急いでいる「よさこいそーらん」です。
このまま行くと完全に「よさこいそーらん」出くわしてしまう・・・
なんとなく近くでチャッチャッという木っ端を打つ小さい音がしたら、それはあの「鳴子」、
かなり危険・・すでに囲まれてしまっているかもしれない!!一刻の猶予もありません、直ちにUターンです。
万一遭遇してしまった場合ですが、落ち着いて、踊り子と目を合わさぬように後ずさりをして路地に逃げ込みましょう。
決して焦って隊列の前方に向かって逃げては行けません。前の方にはボスが居て相手が誰かれ構わず「気合い」を入れてくるからです。
追っては来ませんから普通のスピードで逃げて大丈夫です。
ただし知り合いの場合は「○○さ~ん・・見に来てくれたのぉ~」と追ってくる可能性があります。
衣装とメイクで誰なのか分かりにくくこの場合は大変な恐怖です。

「よさこいそーらん」って「ウスッ」って言って並んだり、「オマイラ イクゼィ」って頭(カシラ)が喝を入れたり、
ダンサーの後方でラメの兄貴が団旗なんか振ってるし、けっこう族っぽくありませんか?
夜露死苦って歩道橋に書いちゃうぞ。
あとね、曲中の「そりゃぁ!!」っていう「合いの手」、突然のオヤジの怒号に肝が冷えます。
それにマイクが口に近すぎませんか?音が割れて不気味です。
曲のイントロにかぶせた「語り」なんかにもスゴいのあります。
地球の平和を実現するために我々はやってきた・・とか言うあなたたちは宇宙人に見えてきます。
この踊りで地球の環境破壊を食い止めます・・!? それ聞いて私、スプレーかけられた蝿のように悶絶です。
衣装とメイクの発想も謎です。和洋中バイキング、古今東西森羅万象、どこかで見たような見ないようなデザイン。
衣装は激しい動きに耐えられるような合理性もあり、小物にも凝っていてなかなか侮れません。
踊りの主力は中高年の女性たちです。ちなみにみなさんタイツが厚めです。
「よさこうそーらん」とはコスプレ・ストリート・ダンスパフォーマンスってところでしょうか。

さて、またの機会には私が踊らされてどうなったかをお話ししようとおもいます。
[PR]
by bbbrothers | 2004-11-21 13:18 | 音楽の話題
<< パンソリを聴く 茶色の朝 >>