National 電気天ぷら鍋 NF-850

c0018561_16293611.jpg
みよ、この見事にモダーンな60’sフォルムとカラーリング!
これぞ「昭和的家庭団欒」を彩った名器「National 電気天ぷら鍋 NF-850」!

このたび40年ぶりに通電および使用実験を行った。あらゆる部材の劣化が想定され危険なためゴマ工房におしかけての開催。

ゴマ工房のジミー氏やカヨコ氏は普段から60年代の音楽に造詣が深く、特殊運搬袋から取り出したNF-850の雄姿に深々とひれ伏すの当然である。
c0018561_16431788.jpg


さて一番心配なのは漏電から発する天ぷら火災である。火が出たら慌ててしまい余計状況を悪化させていく我々の姿が目に浮かぶ。
しかし大丈夫、漏電チェッカー、アンペア計測器、ABC型消火器、CDE型消火器、緊急連絡用呼子、脱出用縄梯子、非常電源、非常食料と水、ガイガーカウンター、へちま水、バンドエイド、探索犬、バケツ・・・周到な安全対策がさすがゴマ工房であった。

全員数メートル退避していよいよコンセントに挿入、NF-850はすべて自動制御で電源スイッチすら省かれている。正面の赤いインジケーターの瞬き加減がすべての状態をモニターしている。
息を止めて見守るワタシたちの耳に、プツプツという沸騰音が聞こえてきた。
c0018561_16322193.jpg

おぉ!通電成功である。マンセー!!
c0018561_16324672.jpg
c0018561_163259100.jpg


続いていよいよ試食、あらかじめ竹串にさしておいた高級アスパラベーコン、高級タコ、高級エビ、高級ホタテ、高級ナス、高級ウインナー、高級鶏肉、高級和牛、高級ハンペン、高級チクワ、高級チーズ巻き、高級しいたけ、高級ネギ、高級セロリ、高級カニ・・・を各自おこのみで投入。ジョゴーッという快音とともに見る見るうちに黄金色に揚がっていく。
c0018561_16333024.jpg

ホクホクといただく。こりゃうまいなぁ!ビールが次々と消費されていった。
今回の試食は100本を完食、食べるのに夢中だったためか揚げている写真が1枚も無い。

というわけでめでたく復活NF-850

情報を調べてみると古道具屋スピカで扱っていた形跡あり。
http://spica.mond.jp/denkagallery.htm
ナショナルなのに製造が東芝と書いてある。

c0018561_16415174.jpg

[PR]
by bbbrothers | 2009-07-12 16:48 | その他の話題
<< クラウディアはハイヒールだぜ 同窓会でびっくり >>