サナダムシ

c0018561_1117261.jpg
先日の「お酒を飲んで痩せる面白減量法」で思い出したのがソプラノ歌手のマリア・カラス

彼女は体内にサナダムシを入れ1年で108kgから50kgに減量したといわれている。しかしこれはウィキペディアによると伝記作家の創作だそうだ。数値を比べると「お酒を飲んで痩せる面白減量法」のほうが即効だ。

さて、花粉症のみなさまにとって朗報!
このサナダムシ、花粉症に効果があるそうだ。回虫ならもっと良いらしい。
c0018561_11181148.jpg
c0018561_11182615.jpg


しかしサナダムシは売っていないので自分で手に入れなければならない。そのためには魚のサケを生(ナマ)で沢山食べるとよい、なるべく噛まないこと。うまくするとサナダムシを取り込むことが出来るが、実はサナダムシには人に危害を与える種もあり、また、サケには他の怖~い寄生虫も潜んでいるので覚悟と勇気が必要だ。
c0018561_11184181.jpg


ところで、東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎先生は、15年もの長期にわたって自らの体内でサナダムシを買い続けたスゴい方である。サナダムシの寿命は約2年半。先生は次々にサナダムシをゲットし、1代目にサトミ、2代目にヒロミ。その後、キヨミナオミと続いて5代目にはマサミと名づけて大切にしてきたそうだ。しかしマサミが死んだあと、次のサナダムシがなかなか手に入らず寂しい思いをしているとのことである。
[PR]
by bbbrothers | 2009-02-28 11:23 | ちょいとびっくり
<< 新曲完成 「お酒を呑んで痩せる面白減量法」 >>