蝶々 なるせ・みよこ

c0018561_20505220.jpg以前このブログで紹介した「幻の名盤お色気BOX」に収録されている曲から、なるせ・みよこ氏が歌った「蝶々」を取り上げましょう。 CD「ドラマチック・お色気・ブルース(ビクター編)」に収められている名曲、作詞作曲は馬場祥弘氏 演奏はビクター・オーケストラであります。

実に牧歌的で童謡チックな曲でありますが決して油断してはいけません。歌詞を紹介しましょう。







1)
♪春です。野原にはレンゲやタンポポ、スミレや、
あッ 誰かさんみたいに鼻の下の長いチューリップも咲いています (だれかさんの鼻の下・・・・ほうら、軽いジャブが飛んできました)
蝶々がとんでいます
夜の蝶も飛んでいるんですよ (うっ 夜の蝶?この歌、童謡じゃない・・・少し緊張が走ります)
大きな蝶々と小さな蝶々が ルル・・・
上になったり 下になったり (おっと・・・揺さぶりをかけてきました)
蝶々っていいな いいな

★聴いているアナタ、ちょっと水を補給しといたほうがいいです★

2)
♪夏です
浜辺にはセパレーツやビキニ (うへぇ こりゃ古いですね)
誰かさんの好きなトップレス   (うわっ、攻撃してきました。ところで「誰かさん」って誰?)
あっ 何もつけてない人もいます。  (悪乗りしてきました・・・あの、どこの浜辺でしょうか?)
大きなカモメと小さなカモメがルル・・ 
上になったり 下になったり  (またまた揺さぶり攻撃だっ。聴いている人、まだ大丈夫ですか?)
カモメっていいな いいな

★カモメですヨ。 怒ってはいけません★

3)
秋です
野山は赤や黄色に色づいていました
もみじが一枚 ハラホレヒレハレ   (これはまた別の攻撃です、十分気をつけてください)
その上をハッパフミフミと歩くんです  (大橋巨泉ですね、若い人は知りません。知らなくていいです)
大きなトンボと小さなトンボが ルル  (今度はトンボです、しかし油断は大敵)
上になったり下になったり
トンボっていいな いいな

★3番は少し攻撃の手がゆるんだようです、アナタも少し慣れましたね★

4)
♪冬です
野山は雪で真っ白です
アッ 向こうの方に
ちいさな窓の灯りが見えました  (いいですね~詩情あふれてロマンチック)
ちょっと覗いてみたくなりました   (もしかしたら・・・いやな予感)
大きな影と小さな影がルル・・
一つになったり二つになったり
大人っていいな いいな
大人ってやーね やーね
大人っていいな いいな  (ついに、カウンター炸裂。よけきれなかったアナタはノックアウト!)

★3番で少し油断させておいて4番でしとめるという作戦、天晴れです。音源を聴きたい方がいらっしゃいましたらコメントにその旨お書きください。期間限定で何とかしましょう★
[PR]
by bbbrothers | 2008-11-10 21:22 | 毎度ばかばかしいお話
<< デイブ平尾 塩次伸ニ リック・ライト ホットビールもどき >>